FISH

BLS,ACLS,PALSなどAHAのコースを中心に、救急医療に関する講習会を開催しています。

Home » コース報告

BLSブログ

Dory in Kyoto

13 5月 2016 at 05:25 pm

京都観光をご希望されたので、私も久しぶりに行ってきました。
英語を話せるドラーバー付きのタクシーをチャーターしました。
各名所に同行し、ぜ〜んぶ英語で説明してくれました。
シャッターポイントに連れて行ってくれたり、、、本当によかった。
まずは金閣寺
CIMG1430
定番の清水寺
CIMG1449
そして外国人に人気の稲荷神社
CIMG1466
東山で京懐石、鴨川沿いでしゃぶしゃぶ、、、
お土産屋さん巡り、歩きなれていない私はくたくたになりました。

AMR-Hawaii Instructor course in Fukui

01 5月 2016 at 12:15 am

明日から始まるAMR-Hawaii instructor courseの前夜祭です。
CIMG1371
HawaiiからDoryさんにお越しいただき、BLS/ACLS/PALSインストラクターコースです。
CIMG1372
準備が大変でしたので、終わった感に浸っています(^^;

2014年10月11月のコース予定

02 10月 2014 at 10:18 pm

2014年10月8日午後2時〜  BLS
2014年10月19日午前8時〜 BLS
2014年11月2日午前8時〜  ACLS
2014年11月3日午前8時〜  PEARS
開催いたします。
お申し込みをお待ちしております。

≫≫≫コースの予定表

 

日本救急医学会コース

02 3月 2014 at 11:21 am

県外での、クローズドコースです。

金曜日は医療資格者以外の方も含めてBLSコース、土曜日は医療資格者対象のICLSコースでした。

 

 

皆さん、十分な予習をされていて、順調にコースが進みました。チーム内でも初めてあった人がほとんどなのに、チームワークもばっちりでした。さすがですね。

 

救急医学会は認定BLSコース登録も始まって、BLSコース修了証を受け取った皆さんは嬉しそうでした。1年ちょっと前までは、登録がありませんでしたから。

ちょっと残念なのは、BLSコースであっても医師でなければコースディレクターとしてコースを主催できない事。せっかくの教育なので、そういう制限を無くしてどんどんコース開催できるようにすれば、訓練の機会が増えて良いでしょうね。

 

インストラクターの皆さんも、資格更新のためにコースでの指導実績が必要です。福井では本業が多忙すぎてなかなかコース開催できていませんが、目処が立ち次第、HPに掲載します。よろしくお願いします!

NAEMTのAMLSコース

01 10月 2013 at 06:52 am

秋晴れの中、日本海側初となるNAEMTのAMLSコースを開催しました。
今回は連休を利用し1泊で受講できる時間設定にトライしました。
一日目は午後1時から開始、二日目は午後3時に終了。
早朝に鹿児島を出発し、翌日の夜間には鹿児島に到着。
体力的には疲れますが、可能でした、、、すみません。

今回の参加者は医学部生と救急隊のみなさん。
神戸大、大阪医科大、愛知医大、熊本大、そして福井消防と香川消防の方々です。

頭が柔らかいのか、アセスメントパスウエイはすぐに消化し、
2セクション目には、実践的な動作にまで話が出来るレベルになっていました。
鑑別疾患の列挙数、クリティカルリーズニングの的確さ、、、

事前勉強がちゃんと出来ていて、テキストの読み込みのすごさに驚き!
こちらが反省すべき点をたくさん見つけました。
今更ですがpost-testの明らかな誤解答も発見。

5回以上はコースに参加してきましたが、開催してみないと分からなかった事が多々。
4人ずつの3ブース、インストはフル回転の忙しさ、、、
あまかった、、、

みなさん、合格です。
おめでとうございます。

JTAS

14 4月 2013 at 10:45 pm

日本臨床救急医学会JTASコースを開催しました。
cimg1231
昨日、数十台のiPadが大きなアタッシュケースで宅急便されてきました。
第一回目の開催で、ドキドキ!
最初にJTASの背景や必要性をO先生から伝授。
cimg1233
モジュール4つの説明を受け、実践していきます。
JTASは国際的にも注目されている臨床支援ツール。
iPadを操作し、徐々にシステムを学んでいきます。
cimg1234
臨床現場における本システムの特徴は、常に日常診療で経験則や暗黙知として運用されている観察・確認項目が具体的に明示され、
そこから緊急度を客観的に導くことができます。
2人1組でiPadを使用し30例の症例をトリアージしました。
cimg1235
院内(救急外来)における尺度であることを重視し「緊急度判定支援システム」と命名。
「緊急度判定支援システム」の重要性、さらには必要性も理解できるように、、、
cimg1236
平成23年4月から院内トリアージ加算は医学管理料として診療報酬に反映されています。
即、現場で使用できる、これはありがたい事。
モジュール4にさしかかると「なるほどぉ〜」の言葉が聴こえる様に、、、
cimg1238
認定医師アドバイザー、、、らしき仕事はせずに、楽しく参加させて頂きました(^^;;
O先生、ありがとうございました。
群馬、横浜からお越し頂いた指導者にも、、、感謝!です。

エマルゴ 2013春

01 4月 2013 at 03:27 pm

外来が終わり、麦ジュースを飲みたいところですが、、、
Emergoコースを開催しました(^^;;
今回は公立松任石川中央病院のみなさんが受講です。
3回目のプロバイダーコース、やっと準備も慣れてきました(^^)
北陸自動車道のバス事故、国道8号線での交通事故と身近なcaseを用意しました。
cimg1199
同じ病院の人の受講のため、ひと工夫したかったのですが、、、
ベーシックなコースで進めました。
cimg1202
その代わり役割を交代し、通常の業務以外の職務の経験をしていただきました。
cimg1205
みなさん合格です、おめでとうございます。
Emergoコースは、自分の病院に持ち帰り、何度もコースを開催する事の必要性をお伝えしました。
浜松医療センターでのJATSから駆けつけてくださったO先生、いつもありがとうございます。

久留米 AMLS

25 2月 2013 at 11:06 pm

聖マリア病院AMLSコースに参加してきました。
「サンダーバード」→「さくら」を乗り継ぎ、初めての久留米です。
久留米は「やきとり」と「豚骨ラーメン」の町、前夜から堪能しました(^^)
cimg1115
今回の受講生は11名、モニターは4名、インストは5名、患者役は多数。。。
総勢30名、半分は知った顔、、、なんか初めての土地とは思えない環境でした。
cimg1116
PHTLS同様、レクチャーの後、シナリオで知見を深めます。
今回はNAEMT-JAPANの代表がインスト、、、豪華版でした。
cimg1120
[模擬患者養成プログラムコース」も同時進行で行いました。
二日間を通して、じっくり、、、その成果があったと思います。
お手伝いに来てくださった救命士さんが本当に上手に演じてくださいました。
cimg1125
3ブースで行い、各ブースはインスト1名+モニター1名+患者役2名でサポート。
cimg1128
初めは枠組みのあるホワイトボードを埋める作業から始め、順序良く患者から情報を聴取していきます。
コース2日目には枠組みを消し、診断に結びつけられるよう必要な事を聞き出し、対応できるようになっていきます。
cimg1122
AMLSは、まず意識確認とABCを安定化させ、緊急性の判断と大まかな鑑別診断を行います。
その上でアセスメントパスウエイを上手に使い、詳細に患者の状態を把握し、主たる鑑別疾患を絞り込んでいく教育プログラムです。
救急隊はもちろん、救急外来の研修医、医師、看護師の初期判断に応用できます。
是非、AMLSに遊びにいらしてください!
「豚骨ラーメン」は「大龍」「清陽軒」「モヒカン」毎日1軒ずつ参りました(^^)/

PHTLS

14 2月 2013 at 10:13 am

NAEMTの病院前外傷コース、PHTLSを開催しました。
NAEMT-JAPANとして初開催となったPHTLSコースの準備、そりゃ〜大変でした。
まず知名度がないPHTLSの受講生集め。
なんたってACLS受講済みが義務づけられている上、まる2日間、40,000円と高額。
さらにNAEMTは事前に受講者数の登録と受講費のコース前振込み。
インストもたった14名しかいない、、、博打に近い状態でした。

今年に入り応募人数12名が「あっ」っと言う間に集まり、結局お一人キャンセルの11名のみなさんと勉強できました。
なんやかんやインストも6名集まりました。
お手伝いを申し出てくださった救命医さん、1日目も2日目も福井消防の救命士さん2名ずつが駆けつけてくれました。
両日とも総勢20名が右往左往、動き回った印象です。

さてコースですが、ルール説明を終えた後、まず実技を習得してもらいました。
バックボード、Cカラーの使用方法、ヘルメットの外し方、チャイルドシートの対応、胸腔穿刺の実演など。
メインは車外救出です。
いや〜〜〜寒かった!
地下駐車場でも雪が舞い込む中、よくがんばった!
cimg1088
このコースは座学をスライドで行い、その内容でシナリオケースを行っていきます。
外傷という広い範囲を一通り勉強し、実践するという理にかなったシステムです。
さすが教員のいっぺ〜ちゃん、眠らせずにあのなが〜いセクションをこなしてくれました、、、感謝!
cimg1104
福井消防の救命士さん、ムラージュが上手、演技も上手でした。
いつも患者さんを運んでいる立場、患者役になって感じた事もあったようです。
さらに現場としてのコメントも頂き、、、感謝!
cimg1094
兵庫の救命医さん、本当にありがとうございました。
臨床のオブザーバーとして大活躍、、、感謝!
cimg1099
今回、3ブースで行いました。
救命士チームと看護師チームと教員チーム。
頸椎保持、Cカラー装着、バックボード全脊柱固定をスムーズにできるように、、、
cimg1078
もちろん現場状況を確認し、一次評価。
ABCの維持が確認できたらDE、そして二次評価、ファーストコンタクト。
搬送の決定、搬送先の決定、、、最終試験の時はインストの介入なしで10分間でやり遂げていました。
このコースの最大目的、Cliticalか?non Cliticalか?の見極めも出来てた!
うれしい〜〜〜準備が大変だったのが、吹っ飛びました。
cimg1101
11名のPHTLSプロバイダー達です。
筆記試験は相当手こずりましたが、みなさん合格です。
おめでとうございます。
cimg1113
またいつでも遊びにいらしてください!
私事ですが、うちのmimimiとやまぴーの成長に涙しました。。。ありがとう!

エマルゴ ベーシックインストラクターコース 2013

20 1月 2013 at 11:02 pm

さぁ〜今日から週末はコースが続きます。
2013年の一発目は、エマルゴBIとプロバイダーコース…
cimg1063
救急医、看護師、救急救命士、臨床工学技師など多種職のエマルゴになりました。
cimg1066
シナリオを事前に2例考えましたが、直前に変更。
しかしBI受講生は無難に順応してくれた!
ホワイトボードも上手に作り、フィードバックもしっかり出来ていました。
cimg1069
長時間お疲れさまでした。
O先生、ありがとうございました。
一番面白かったのは、O先生の秘蔵VTRでした、、、
災害時の拠点病院の生映像、1995と2011の災害発生時の救急部の様子。
受講生よりも見入ってしまっていたような気がします(^^)/

Next »