NAEMTの病院前外傷コース、PHTLSを開催しました。
NAEMT-JAPANとして初開催となったPHTLSコースの準備、そりゃ〜大変でした。
まず知名度がないPHTLSの受講生集め。
なんたってACLS受講済みが義務づけられている上、まる2日間、40,000円と高額。
さらにNAEMTは事前に受講者数の登録と受講費のコース前振込み。
インストもたった14名しかいない、、、博打に近い状態でした。

今年に入り応募人数12名が「あっ」っと言う間に集まり、結局お一人キャンセルの11名のみなさんと勉強できました。
なんやかんやインストも6名集まりました。
お手伝いを申し出てくださった救命医さん、1日目も2日目も福井消防の救命士さん2名ずつが駆けつけてくれました。
両日とも総勢20名が右往左往、動き回った印象です。

さてコースですが、ルール説明を終えた後、まず実技を習得してもらいました。
バックボード、Cカラーの使用方法、ヘルメットの外し方、チャイルドシートの対応、胸腔穿刺の実演など。
メインは車外救出です。
いや〜〜〜寒かった!
地下駐車場でも雪が舞い込む中、よくがんばった!
cimg1088
このコースは座学をスライドで行い、その内容でシナリオケースを行っていきます。
外傷という広い範囲を一通り勉強し、実践するという理にかなったシステムです。
さすが教員のいっぺ〜ちゃん、眠らせずにあのなが〜いセクションをこなしてくれました、、、感謝!
cimg1104
福井消防の救命士さん、ムラージュが上手、演技も上手でした。
いつも患者さんを運んでいる立場、患者役になって感じた事もあったようです。
さらに現場としてのコメントも頂き、、、感謝!
cimg1094
兵庫の救命医さん、本当にありがとうございました。
臨床のオブザーバーとして大活躍、、、感謝!
cimg1099
今回、3ブースで行いました。
救命士チームと看護師チームと教員チーム。
頸椎保持、Cカラー装着、バックボード全脊柱固定をスムーズにできるように、、、
cimg1078
もちろん現場状況を確認し、一次評価。
ABCの維持が確認できたらDE、そして二次評価、ファーストコンタクト。
搬送の決定、搬送先の決定、、、最終試験の時はインストの介入なしで10分間でやり遂げていました。
このコースの最大目的、Cliticalか?non Cliticalか?の見極めも出来てた!
うれしい〜〜〜準備が大変だったのが、吹っ飛びました。
cimg1101
11名のPHTLSプロバイダー達です。
筆記試験は相当手こずりましたが、みなさん合格です。
おめでとうございます。
cimg1113
またいつでも遊びにいらしてください!
私事ですが、うちのmimimiとやまぴーの成長に涙しました。。。ありがとう!


84 views