FISH

BLS,ACLS,PALSなどAHAのコースを中心に、救急医療に関する講習会を開催しています。

Home » BLS

BLSブログ

安土整形外科院内BLS第二弾

19 10月 2014 at 12:04 pm

先週にひき続き院内BLSコースを行いました。

今日はデイケアのスタッフさん達。
お迎えのバスの中での急変対応など実践的なコースになりました。

2014年10月11月のコース予定

02 10月 2014 at 10:18 pm

2014年10月8日午後2時〜  BLS
2014年10月19日午前8時〜 BLS
2014年11月2日午前8時〜  ACLS
2014年11月3日午前8時〜  PEARS
開催いたします。
お申し込みをお待ちしております。

≫≫≫コースの予定表

 

安土整形外科医院 インフルエンザ予防接種

02 10月 2014 at 10:15 pm

2014年度インフルエンザ予防接種が予約なしで可能です。

一般の方は2,500円(消費税込み)
13歳未満の方は2回の接種で4,000円(消費税込み)

※市町村からのハガキをお持ちの方は記載されている金額で行います。
 ハガキを持参されますようお願いします。

≫≫≫安土整形外科医院

 

医療廃棄物のエピペン

29 7月 2014 at 09:09 pm

本日、病院受付に外来患者さんが、パンで有名なDONQの袋を持って来られました。
時々来院されるアメリカ人の若い男性です。
高校で生きた英語を教えている方です。

「彼女のエピペンを医療廃棄物として廃棄してほしい」との依頼されました。
アメリカ本土で処方されたエピペンが無造作にDONQの袋に、、、
それもトレーナーと本体で10本以上、、、驚きました。

通常、私は一本ずつしか処方していません。
同じ有効期限のものが4本もあり、何本も同時に処方するんだな〜っと関心。
入国時にも税関にひっかからないんですね。。。

いままで使用済みのエピペンは見た事がなく(^^;; 新たな発見がありました。
使用済みは針を隠すためオレンジ色の部分が伸び、ハードケースに収まらなくなります。
さらに小窓に黒い影ができます。
もちろん青いストッパーもなくなっていました。

もう一つ、、、
2本をまとめるホルダーが付いていました。
こんなのがあるんだ!

朝から興味があるプレゼントを頂き、幸せでした。

日本救急医学会コース

02 3月 2014 at 11:21 am

県外での、クローズドコースです。

金曜日は医療資格者以外の方も含めてBLSコース、土曜日は医療資格者対象のICLSコースでした。

 

 

皆さん、十分な予習をされていて、順調にコースが進みました。チーム内でも初めてあった人がほとんどなのに、チームワークもばっちりでした。さすがですね。

 

救急医学会は認定BLSコース登録も始まって、BLSコース修了証を受け取った皆さんは嬉しそうでした。1年ちょっと前までは、登録がありませんでしたから。

ちょっと残念なのは、BLSコースであっても医師でなければコースディレクターとしてコースを主催できない事。せっかくの教育なので、そういう制限を無くしてどんどんコース開催できるようにすれば、訓練の機会が増えて良いでしょうね。

 

インストラクターの皆さんも、資格更新のためにコースでの指導実績が必要です。福井では本業が多忙すぎてなかなかコース開催できていませんが、目処が立ち次第、HPに掲載します。よろしくお願いします!

頸椎カラー(Cカラー)

14 2月 2014 at 05:55 am

 今回は、頚部(首)を守るという話題です。

 

 医療関係者に限らず一般の方でもご存じの事ですが、激しくぶつけられたり、突き飛ばされたりすると、首を痛め、いわゆる「むちうち」になりますね。頭は非常に重たく不安定で、それを支えているのは細い「首」だけです。ですから体に強い運動力が瞬時に発生すると慣性で頭が取り残され、結果的に首に大きな応力が発生し、骨や神経(頸椎)に損傷を与える事もあります。

 

 交通事故や高い場所から落ちるなど「高エネルギー外傷」では、頸椎や脊柱が損傷を受けていることを想定して、むやみに動かさない、あるいは動かす方向を限定したりします。一般的なファーストエイドでは不安定な頭部を保持し、首が楽な状態になるようにしながら救急隊を待つという手技があります。

 

 そして救急隊が患者を評価した際、頸椎がそれ以上損傷するのを予防するために使う器具の一つが、「頸椎カラー(Cカラー)」です。

 

 

 3つ並んでいますが、今回は向かって右の製品に注目です。(ソースではありませんよ)

 

 一般的に、スポンジとプラスチック板で作られた製品が用いられています。向かって左がレールダル社、真ん中がAmbu社の製品です。非常に使いやすいのですが、特殊な環境では問題が発生する事がありました。これらは首に巻き付けるように装着して頚部を保護しますので、皮膚にケガ、火傷、その他の損傷がある場合に、その存在を見えなくしてしまう可能性があるのです。日本のようにすぐに病院に到着できる環境では問題ないのですが、海外や特殊なフィールドでは命に関わってしまうかもしれません。

 

 というわけで出たのが、向かって右にある半透明の製品です。ソースのボトルを見てお分かりのように、ある程度透けて見えます。(ごめんなさい、他に適当なモノが身近に無かったので)首に出血などの怪我がある場合、一目で分かります。救急関係者が患者の引き継ぎを行う際も、すぐに分かります。

 

 日本の一般的な環境ではあまり有用では無いかもしれませんが、たとえば工場の爆発事故など、高エネルギーと火炎、飛散物を伴う事故現場の患者には、有用かもしれませんね。

スキーヘルメット

13 1月 2014 at 07:46 am

新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 

最近、本業が忙しくてコース開催がなかなか出来ない状況が続いています。が、今年こそは頑張りたいと考えています。

 

とか何とか言いながら、子供たちをスキーに連れて行きました。去年までは勝山市の小さめのスキー場へ行きましたが、今回は大きめのスキー場へ。

 

 

子供たちがヘルメットをかぶっているのが見て頂けますでしょうか。

去年、スキー場でヘルメットをかぶっている子供たちを多数見かけました。僕が子供の頃、自転車のヘルメットは普及していましたが、スキーのヘルメットはありませんでした。子供を守るという観点からは非常に大事な事ですので、今年は購入しました。

 

購入にあたって色々と検索すると、アメリカやイタリアの記事が多く見られました。子供のスキーヘルメットが法律で定められていたり、選挙の公約にしていたり。日本の政治家の公約とはえらい違いですね。ちゃんと子供たちを守ってくれる視点。すごいです。

 

スキー場はそれほど混んでいる訳ではありませんでしたが、大人同士が激しく衝突するのをリフトの上から目撃しました。ヘルメットだけでなく、ボディープロテクターも必要かなぁと思っていましたが、その後、自分が背後からボーダーに衝突されました。いやぁ、自分で良かった。これが子供だったら、吹っ飛ばされて大けがです。

 

レジャーを楽しむためにも、「守る」を確実に実践しましょう。

NAEMTのAMLSコース

01 10月 2013 at 06:52 am

秋晴れの中、日本海側初となるNAEMTのAMLSコースを開催しました。
今回は連休を利用し1泊で受講できる時間設定にトライしました。
一日目は午後1時から開始、二日目は午後3時に終了。
早朝に鹿児島を出発し、翌日の夜間には鹿児島に到着。
体力的には疲れますが、可能でした、、、すみません。

今回の参加者は医学部生と救急隊のみなさん。
神戸大、大阪医科大、愛知医大、熊本大、そして福井消防と香川消防の方々です。

頭が柔らかいのか、アセスメントパスウエイはすぐに消化し、
2セクション目には、実践的な動作にまで話が出来るレベルになっていました。
鑑別疾患の列挙数、クリティカルリーズニングの的確さ、、、

事前勉強がちゃんと出来ていて、テキストの読み込みのすごさに驚き!
こちらが反省すべき点をたくさん見つけました。
今更ですがpost-testの明らかな誤解答も発見。

5回以上はコースに参加してきましたが、開催してみないと分からなかった事が多々。
4人ずつの3ブース、インストはフル回転の忙しさ、、、
あまかった、、、

みなさん、合格です。
おめでとうございます。

デブリーフィング

17 6月 2013 at 09:47 pm

さわやかな風が入り、気持ちのいいACLSコースでした。

今回の受講生は福井消防の救急救命士さんと神戸大学医学部の学生さん達。

一日コースですが、ゆったり進めていきました。

座学の後は活動開始、気道確保器具の実践。

残念ながら全員成功!

今回は、チームダイナミクスデブリーフィングを実践する事ができました。

インストの中止宣言後、記録係りの方が5分ほどかけてシナリオの振り返りを行い、

受講生同士でさらに注意する点を確認し合ってもらいました。

インストは、答えが出ない時と付け加える事がある時のみ口を開く、、、

理想的なコースの展開でした。

最初のVF/pulselessVTの段階から、なんにもcheckする事がない良くできる受講生。

だからデブリーフィングの充実したコースになったのかもしれません。

次回もデブリーフィングを重視してコースを進めたいと思います。

もちろん、みなさん合格です。

またいつでも遊びにいらしてください!

岡山 AMLS

10 6月 2013 at 05:48 pm

中四国で初開催となったAMLSコースに参加してきました。

100円均一運賃のバス「めぐりん」です。
目があって、体がグリーンだから「めぐりん」なのかなぁ?
鼻がハート、、、かわいいでしょ〜〜〜。

岡山大学病院敷地内にある「地域医療人育成センターおかやま」
昨年9月にできたばかりで建物も素晴らしかったのですが、設備がすごい!
各部屋には「MUSCAT」と岡山ならではの名前がつけられていました。

今回の受講生は、EMT 2名、Ns 1名以外は、全員MD (^^;;
さらに模擬患者さんもほとんどがDr、、、

AMLSアセスメントパスウェイを使いこなし、楽しんでおられました(^^)
実技試験もあっという間に終わり、みなさん完璧でした。
ファシリテーターらしき仕事はせず、「ままかり」を食べて帰りました。
インストとも楽しい会話ができ、岡山が大好きになりました。
サンダーバードでは爆睡、覚醒時にはもう鯖江でした。

« Prev - Next »