成す術

 ミサイル発射の速報を見て、呆然とした。

 

 血液の逆流?鳥肌?とにかく体が危機感を示した。

 でも発射速報から日本上空通過の続報までの5分間、puddingを抱える事しかできなかった。

 成す術がない・・・

 

 目の前の事実を受け入れるには時間がかかる、特に想定していない事ならなおさら・・・

 

 身近な人が突然倒れたら、、、これも危機を感じ、同じような状態になると思う。

 ミサイルとは違う点は、成す術がある・・・という事だけ。

 

 経験があったり、シュミレーション教育を受けた人は、認知から行動までの時間が多少早くなるであろう。そうあって欲しい。。。

 

 病院内での仕事としての認知→行動は、教育により飛躍的に向上する。

 

 そうでない状況、想定外の事態では認知までに時間がかかる事をBLS教育に含めなければならないと感じた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です