2割減

 インフルエンザ患者のほとんどは現在、新型インフルエンザです。

 国立感染症研究所が全国約 5000医療機関を対象に行っているインフルエンザの定点調査で、

 最新の 1週間(11月30日〜12月6日)に新たに受診した患者が、1医療機関当たり約 31人。

 前週の 39.63人から約 2割減で、8月中旬の新型インフルの流行開始以来、初めての大幅減でした。

 ピークは過ぎたのでしょうか?

 これからさらに空気が乾燥し、寒さも厳しくなってくると、、、増えるだろうなぁ〜きっと!

 

 一昨日のチビ達の予防接種。

 昨日、不調にて来院されたのは小学生の男の子、お一人でした。

 37.1度、気分不良でしたが、病院に来たら安心したみたい(^^)

 さぁ〜て明日もだぁ・・・

 チビだけでも 100人、、、がんばります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です