臓器提供施設における諸問題について

 「改正臓器移植法に伴う臓器提供施設における諸問題についてのワークショップ」

 のご紹介をしたいと思います。

 

 主催:日本脳死・脳蘇生学会 将来計画検討委員会

 期 日:平成 22年 1月 22日(金)13:30〜16:30 

 会 場:東京ガーデンパレス 天空の間(東京都文京区湯島 1-7-5 「御茶ノ水駅」下車 5分)

 参加費:会員無料、一般 5,000円(申込時入会可※)

    ※申込時に当会に入会(入会金無料、年会費 5,000円)いただければ会員扱いとなります

 ◆プログラム◆

 第 1部 座長 奥地一夫(奈良県立医科大学救急医学)

   1.「脳死判定(竹内基準)の前提条件と判定項目の問題点」(13:30〜14:00) 

       木下順弘(熊本大学大学院医学薬学研究部侵襲制御医学)

   2.「脳死の診断に有力な補助検査」(14:00〜14:30) 

       横田裕行(日本医科大学付属病院高度救命救急センター)

   3.「提供施設より見た脳死下臓器提供の問題転」(14:30〜14:45)

       北原孝雄(北里大学医学部救命救急医学)

   4. 「改正臓器移植法で予測される諸課題」(14:45〜15:00)

       有賀 徹(昭和大学医学部救急医学)

 第 2部 総合討論  (15:15〜16:30)

      司会 杉本 壽(星ヶ丘厚生年金病院)

            奥寺 敬(富山大学医学部救急・災害医学)

 16:30 閉会挨拶: 行岡哲男

          (第 23回日本脳死・脳蘇生学会学術集会会長/東京医科大学救急医学)

 

 お時間のある方は参加してみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です