行動が遅すぎ、罪が軽すぎやしませんか?

 ようやく警察が重い腰を上げ始めましたね。パチンコ店に限らず子どもを車中に放置して死なすケースは、ずいぶん前からありました。これは殺人的行為であり、親には極刑を科すべきだと常々考えていましたが、日本人は子どもを守るという概念が低すぎますね。
 
 海外ですと、子どもを車中に残して道ばたの自販機に向かっただけで逮捕です。オトナが遊ぶために子どもを長時間放置するなんてもってのほか。
 
 しかし、今回は「来店拒否を検討するように要請」。そんな事で子供達を守れるのでしょうか?親には極刑、パチンコ店には営業停止などのペナルティ。やりすぎ位を行わないと、日本人の意識は変わらないのではないでしょうか?AHAの救命の連鎖の最初にある「予防」。チャイルドシートやヘルメットなど、子どもを守る事がようやく周知され始めた日本ですが、まだまだなすべき事は多いようです。
 
Yahooニュースより
子連れの車、来店拒否を=パチンコ業界に要請―警察庁
時事通信 8月3日(水)11時52分配信

 石川県輪島市のパチンコ店で駐車場に止めた車に女児が放置され、熱中症とみられる症状で死亡した事件を受け、警察庁は3日までに業界5団体に対し、子どもを乗せた車の来店拒否を検討するよう求めた。
 同庁は要請文で、パチンコ店の客が車内に子どもを長時間放置し、熱中症などで死亡させた事件が2004年以降、12件に上ると指摘。子連れ客の車は駐車場に入れないよう検討することを要請したほか、巡回時の車内確認徹底や、子どもの車内放置防止に向けた広報啓発に力を入れるよう求めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です