NAEMT コースが求められている

「救命士の業務拡大、心肺停止前の点滴」というNews。

http://www.asahi.com/health/news/TKY201206250156.html

これこそAMLSPHTLSです。

AMLSPHTLSはNAEMTプレホスピタルの内科版と外傷版のコースです。

状態の評価を順々に進めていき、患者の緊急度や病態を判断、

可能な限り安定を図りながら、適切な施設へ搬送する事を目的としています。

到着現場での状況評価から始まり、病歴聴取や身体観察により情報収集を行い、

主要臓器別に体系的な鑑別診断法を習得していきます。

まさに「うってつけ」のコースです。

なっなっなんというGood Timing !! でしょう、、、

いやいや、、、まいった!

これから、どのような展開になるのか楽しみです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

低血糖発作を起こした患者へのブドウ糖投与など、国が目指す救急救命士の医療行為の範囲拡大に向け、

厚生労働省研究班が今秋から、全国39カ所のモデル地域で実証研究を始める。

意識のある患者への本格的な医療行為は初の試みで、早ければ10月から、

医師の指導の下で救急救命士が点滴などの処置を行う。

検証するのは、これまで認められていない「心肺停止前」の患者を対象にした医療行為の妥当性。

具体的には

(1)糖尿病で低血糖発作を起こした人への血糖測定とブドウ糖の点滴

(2)大量出血や脱水などでショック状態になった人への点滴

(3)ぜんそく発作で呼吸困難になった人への薬の吸入

より早く行うことで、救命率の向上や後遺症の軽減を目指す。

搬送の遅れや心停止などのリスクを防ぐため、必ず電話などで医師の指導を受けて行う。

成人の患者で、本人か家族の同意を得られた場合のみを対象にする。

研究に参加するのは、東京都や神戸市、北九州市など27都道府県の計39地域。

救命救急センターと消防などの連携体制が整った地域に限定した。

薬剤の知識のある救急救命士計約2500人が研究班がつくった教育課程を終えた上で参加する。

地域ごとに、早ければ10月から始め来年1月末まで行う予定。

http://www.asahi.com/health/news/TKY201206250156.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です