上腕骨外上顆炎(テニス肘) Shockwave治療

 肘から前腕、手を酷使し発生する腱(付着部)炎です。手関節背屈位で前腕回内を強制する動作でおこり、外側上顆での橈側手根伸筋腱付着部炎、俗にいうテニス肘です。
 押さえると痛い、タオルを絞ると痛い、ドアノブを回すと痛い、ペットボトルの蓋が開けられないなどの症状があります。
 治療はアイシング、消炎鎮痛剤、痛みを起こすスポーツ活動の中止、手関節伸筋のストレッチや筋力強化です。それでも症状が取れない場合はステロイドの局所注射、装具装着をお願いします。
 今回、上顆から腕橈骨筋に沿ってShockwaveをかけました。上顆の直上は施行中に痛みがありましたが、施行前10あった痛みが施行後3に改善されました。今週末のゴルフはお休みいただき、2週間後再度Shockwaveを行いたいと思います。

[追記]2週間後、痛みは3を維持されていました。もう一度、、、施行前3あった痛みが施行後1にさらに改善が見られました。よし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です