肩インピンジメント障害 Shockwave治療

 上肢のスポーツ障害は投球、スパイクと言った肩や肘を使いすぎた事で同じ部分に繰り返し力がかかることによって生じます。

 ハンドボールのオリンピック強化選手、半年前の練習中に受傷されました。センターからジャンプシュートの時、肩の後面に痛みが走り、それ以後ボールを使用する練習が出来なくなったそうです。近医を受診、大阪のスポーツドクターを受診、福井で違う病院も受診したが、MRIの所見がないと言われたそうです。

 チームの関係者がShockwaveの存在を知り当院に相談に来られ、治療を開始する事にしました。まず3つの病院で手術適応の病態がない事を証明されている事が安心でした。  

 前方から、後方から、腋窩から、5クール行いました。ハンドボールの練習内容も指導、練習に復帰、徐々に練習動作を増やしていっています。がんばれ!