愛する人を救うために ー 脳卒中になったとき

 日本医療教授システム学会(JSISH)が作成した脳卒中になった時のmusic version 配信。

 「愛する人を救うために ー 脳卒中になったとき」

 http://www.youtube.com/watch?v=zRMwNSgXW4M

   「顔がゆがむ」 「手が上がらない」 「言葉がもつれる」

   FAST     F (Face)  A (Arm)  S (Speech)  T (Time)

   脳卒中のサインを見つけたら 119

 サビの部分、何度も繰り返されています。 

 

 

 脳卒中が疑われる症状が出たら、すぐ119番、救急車を呼んで、専門的な治療を受けましょう。

 あなたの的確な判断と、迅速な行動が、愛する人の命を救います。

 

 

 これがアップビートの曲からのメッセージ!

 結構、頭の中に残存するメロディー、、、シャワー中など口ずさんでしまいます。

 こわっ!洗脳されてる・・・

 

 I 先生の movie version も配信、、、なんと題名は「ピンピンコロリ・・・」。

 http://cubo.co.jp/koshigaya/mov/003/index.html

 面白いですからご覧ください、25分の授業って感じです。

愛する人を救うために ー 脳卒中になったとき” に対して1件のコメントがあります。

  1. chujou より:

    センセーのブログは楽しいナー
    自宅でレクチャー「PPK」が受けられるから。
    ACLSでの授業を思い出すシーンもあり、感激です。
    FASTを歌で覚えられ、、得した気分でーす。
    田植え労働にパテてたけど、
    元気1発!!オロナミン飲んだ気分

  2. pudding より:

    chujouさん
    コメントありがとうございます。
    こちらの方こそ元気を貰っています。。。
    music はアップビートで今風ですよね。
    PPK も面白かったでしょ・・・
    I 先生はアイデアマンです。
    またそのアイデアを実現する力を持っておられます。
    今、新しい取り組みは JALS 。
    心疾患がベースではない疾患で心肺停止に・・・っというコースです。
    日本から世界に広めようとしています。
    期待していてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です