けむし (グロ指定)

 世の中には、たくさんの種類の毛虫がいます。刺す毛虫。刺さない毛虫。。。

 

 今日は、庭木の手入れをしました。山椒の木は、しばらく見ないうちに1.5倍くらいのボリュームになり、ミカンも大きくなりました。去年植えたドングリは、この春に急速に生長しました。黄金マサキも背が伸び、松の木もどんどん枝を伸ばし始めました。

 

 何処に出もあるような大きい黒松と、背丈が1.5mほど、盆栽みたいに針葉が小さい、種類不明の松との2本がありますが、その小さな松に毛虫が!!取り払おうと思ったら、こっちにも、こっちにも。。。。1.5m四方ほどに収まる小さな松に、80匹近い毛虫が付いていました!こやつの正体は、マツカレハ。

 

00kemusi

 カレハガの仲間で、松毛虫とも呼ばれます。黒っぽい毛束があり、毒があります。触ったりして刺されると激痛と腫れを生じます。幸いなことにマツカレハの毒針毛は太くて長いので、肉眼で見えます。刺されたらピンセットやセロテープを使って除去しましょう。痛みや腫れはすぐに収まりますが、かゆみは10日ほど続きます。ステロイド軟膏などで様子を見ましょう。

 

 庭に発生する毛虫は、毒針毛をもつものが多いですが、毒っぽく見えても大丈夫な種類も多くいます。マイマイガ、オビカレハなどです。全部憶えて見分けるのは大変なので、毛虫を見かけたら不用意に触れず、トングなどを使って駆除しましょう。軍手はNGです。洗濯や掃除に使う、厚手のゴム手袋が良いでしょう。素手で刺されてしまっても毒針毛が見えない場合は、流水で洗うのが良いと言われています。こすらずに、流水によって毒針を流すというイメージです。腫れたり痛みがあれば、皮膚科などに相談しましょう。最近はカメラ付きの携帯電話が多いので、毛虫の写真を撮影しておくと種類の特定に役立ちますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です