ISLS

 脳卒中初期診療 (ISLS : Immediate Stroke Life Support)の紹介です。

 http://www.isls.jp/top.html

 

 病院では脳梗塞が疑われる患者を受け入れたあと手早く検査・診断できる体制を整える必要があります。

 ISLS コースの目的は、来院から 10 分間でバイタルサインを中心とした患者の全身状態を把握・安定を図り、来院から 25 分で神経学的評価と頭部 CT を終え、専門医による治療への橋渡しをできる医療者の養成です。

   (1)搬入準備         発見→出動→搬送

   (2)第一印象         患者到着

   (3)来院より 10 分以内  気道・呼吸・循環の評価、大まかな神経学的評価

   (4)来院より 25 分以内  発症時間や病歴・既往歴、神経学的評価、頭部 CT 撮影

   (5)来院より 45 分以内  専門医による CT 読影

 ACLS コース stroke の 「7 つの D」 と同じ流れです。

 来院より 45 分以内の D を細かく勉強していくのが ISLS コースです。

 

 ISLS コースでは、

   1. 意識障害の評価・・・コーマスケール、評価の手順

   2. 鑑別診断・・・他疾患との鑑別や注意点

   3. NIHSS の評価・・・予後予測や頭蓋内出血のリスク評価、治療経過中の評価

      (意識レベル、注視、視野、顔面麻痺、上肢の運動、下肢の運動、

          運動失調、感覚、言語、構音障害、消去現象と注意障害)

   4. 全身管理・・・気道・呼吸・循環、頭蓋内圧、痙攣、合併症の管理

   5. くも膜下出血、脳出血の取り扱い

   6. t-PA の使い方

   7. 心疾患との関係

 が学べるプログラムになっています。

 NIHSS の評価がメインイベント!っと感じます。。。

 

 ISLS のスケジュールは、

   A 意識障害の評価

   B 脳卒中スケール

   C 呼吸・循環管理

   D 症例提示

 4 つのセクッションを 45 分間ずつでこなし、全過程 4 時間です。

 

 ISLS コースは、脳卒中の専門医だけでなく、脳卒中の初期診療に携わる医師、看護師、コメディカルをも対象としています。

 インストラクターマニュアルもしっかりした物が出来上がってきています。

 興味がある方は是非、受講してください。

 7 月 25 日は O 先生直々のコースです。

 打倒 脳卒中!です(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です