脳出血の CT と MRI

 ISLS のガイドブックを常に持ち歩き、時間がある時には読んでいます。

 この本はやっぱりすごい!

 見れば見るほど、内容の濃さが分かってきます。

 あの情報量をあれだけにまとめるんだから・・・

 インデックスを貼るページが多くなり、大事な所を見分けられなくなっています。

 

 昨日の感動は脳出血の画像診断のところ。

 コピーして CT / MRI 操作室に掲示しちゃいました。

 

 脳外科医でない私にとって、いままでは大雑把な捉え方でした。

 発症後 6 時間は CT、その後なら MRI でも・・・こんな程度。

 

 出血後の赤血球の形態変化とヘモグロビンの化学変化により、MRI 信号強度と時間経過の組み合わせができるんです。

    酸素結合型ヘモグロビン(オキシヘモグロビン)

    酸素還元型ヘモグロビン(デオキシヘモグロビン)

    メトヘモグロビン(溶血なし:metHB  溶血あり:free metHB)

    ヘモジデリン

 このように変化するヘモグロビンを特徴的な信号強度で、

 急性期→亜急性期→慢性移行期→陳旧性に分類してありました。

 

                              CT         T1強調     T2強調

 急性期                         high        iso         iso

 亜急性期 (中心部)               high        iso-high    low-iso

        (周辺部)               mild low    high       iso-high

        (血腫周辺)             low         iso        high

 慢性移行期(中心部)               low        high       high

        (周辺部)               low        iso         low

 陳旧性                                    low         iso       low

 

 すばらしい!

 不謹慎ですが、症例経験がしたい。。。

 週末、来ないかなぁ〜〜〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です