要介護認定 要改善

 介護が必要な程度に応じて、要支援 1〜 2 、要介護 1〜 5 の 7 段階に分け、サービスの利用限度額が決められる要介護認定。

 4 月から新しい基準が導入され、いままでの基準での認定より軽度な認定がおりるケースが 4 割、、、

 

 通所リハビリ(デイケア)、訪問リハビリ、訪問介護、訪問看護を運営しているため、大問題!

 うちには院長と私を含め、9 名のケアマネージャーがいます。

 4 年間、市役所の介護認定審査会にも参加していました。

 毎月、何人もの高齢者の主治医の意見書を書いています。

 バス 4 台、小さい車 4 台で、あっちこっち回っています。

 一生懸命に対応してきました。

 

 それが、「認定が低くなり今までと同じサービスは使えません・・・」なんて、高齢者に言えますか?

 要介護 3 の方が非該当まで下がったケースもあるようです。

 困ったものです。。。

 

 経過措置としていままでと異なる判定が出た人は希望すれば今と同じサービスが受けれるみたい。

 これも変な話でしょ。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です