いそがしい!

 忙しかったぁ〜〜〜!!!

 今日は息をした覚えがないぐらい忙しい一日でした。

 最近、木曜日と土曜日の午後は本当に忙しいです。

 木曜日と土曜日の午後は休診の病院が多いのでいたしかたないのですが、気付いたら午後6時が過ぎていました。

 スポーツ外傷、痛風、腰痛、肩こり、、、初診が多いのが特徴です。

   

いそがしい!” に対して1件のコメントがあります。

  1. れもん より:

    お絵かき・・・。
    体へのお絵描きは、傷になって戻ってくる。
    目に見える傷だけではありません。心の傷も負います。
    若気の至り・・・
    この言葉は、決して良い言葉ではありません。
    気分転換や、やけを起こしてのtatooで、今は元に戻したいと考えているならば、お話ししてみませんか?体を元に戻す事は、恥じる事ではありません。
    だからといって、何度も繰り返してはなりません。
    私は勉強しに、pudding先生のところに通っています。体を戻しに、pudding先生のところに行かれるのも、とてもよいものかも知れません。
    とても、あったかい先生ですよ。
    そうだ!!お洒落なホテルのプールで・・・。彼氏と温泉へ・・・・。って事もあると思いますが、タトゥーが見えたらNGとしている場所が多いです。これは、新しい水着も、きれいな素肌もお披露目出来ないという事となり得ます。恥ずかしいから水着になれないのではなく、「入らないで下さい」とされます。「ママ、パパ。プールに連れて行って!!」が、叶えられなくなる、もしくは制限が出てきます。
    タトゥーは、素敵に見えますね?でも、人としてはNGの行いと扱われる事が多いですよ・・・。自分を大事に致しましょう!

  2. pudding より:

    れもんさん
    コメントありがとうございます。
    私はTATTOO、、、きらいじゃないです。
    ついつい入れてしまった、、、分かるような気がします。
    じゃー入れたら悪いのか!、、悪くないです。
    だって人に迷惑かけていませんもん。
    だけど、それを恥ずかしいと感じた人、、、
    取りたいと思った人、、、
    そう思えた人に協力をしたいと思っています。
    例えば今日の16歳の子の理由は、「バイトもできない!」でした。
    「バイトもできない!」とは雇ってもらえない、、、って事です。
    雇う側はたかが入れ墨、されど入れ墨、、、採用するかどうか決めているという事になります。
    損か?得か?
    悪くはありません、、、でも、得な事でもない事を実感する時がくると思います。
    そんな時は協力します。
    ご自分で判断してください。
    きっと私の質問は同じです。
    「2度とお絵かきはしないって約束できるぅ〜〜〜?」
    本当に何例、、、何十例した事か・・・
    でも、でも、、、みんないい子でした。

  3. れもん より:

    実はわたしも、タトゥー。嫌いではないです。若いころ、腰に1輪のバラを入れたいなと、思った事もありました(爆弾発言??)
    ただ、この日本での考えでは、やっぱり、キツイところが多いです・・・。
    おしゃれでのタトゥーでもNGなお国柄ですから。
    これを、とっても、人間としてNGと扱われる世の中なわけで。
    上手く言えないのですが、結局、こういうところで壁を感じた時に悩むのであれば・・・。初めから〜と思ってしまう私も、日本人です。
    お絵かきけしたいと思った時も、いったいどこに行けばいいの?って、真っ暗闇となるのも、あり得る話です・・・。
    お絵かき消しの相談窓口は、なかなか無いかも知れません。
    とにかく、不必要と感じたお絵描きは,pudding先生に相談しましょう!なにも、怖がることも恐れる事もないって事です。
    体を元にするのは、フツーです。
    私がお伝えしたいのはこれだけです。

  4. pudding より:

    れもんさん
    俗の方向からのコメント、、、感謝します。
    正直、この話題は、いままで敬遠していました。
    良い悪いは別として個人の自由の話ですから・・・
    でも切除しに来る方が多いのも事実です。
    >腰に1輪のバラ
    なんかかっこいい!です(^^)
    しかし60歳、70歳のばあちゃんに薔薇は・・・っということです。
    >お絵かき消しの相談窓口は、なかなか無いかも知れません。
    確かにそうですね、、、
    もしよければ相談してください。
    たいした事はできませんが、取る努力はしたいと思います。

  5. れもん より:

    高い所に手を伸ばした時、チラッとTシャツの下にみえたのは、赤いバラっていうのがカッコ良い気がして、とても憧れました。
    しかし、今は、無くて良かったです。だって〜!
    一生懸命に腕を伸ばしても、腰周りの贅肉は平らにはなりません(涙)
    チラッと見えたのは、「一体なに?」と、目撃した人が疑問に思っても、きっと聞けないでしょう…
    危うく、こっそり、先生に相談しなくてはいけませんでした(笑)
    世間体ではNG発言が、ある意味、求められているものかも知れません…。

  6. pudding より:

    れもんさん
    コメントありがとうございます。
    お絵かきをサポーターで隠している方がいらっしゃいます。
    ・・・あれを見ると心が痛みます。
    公務員の仕事をしている人からは「口止め」を依頼される事があります。
    ・・・誰にもいいません。
    本当に複雑です。
    でもね・・・実に素晴らしいお絵かきもあります。
    あれは芸術ですよ・・・惚れ惚れする時があります(^^)

  7. 剱 岳子 より:

    入れ墨があったらMRI検査が受けられないと聞いたことがあります。
    本当ですか?
    それから生命保険や医療保険も加入できなくなるとも。
    若いうちは検査も保険も「カンケーナイ」と思うかもしれませんが、
    ちょっとリスクが高いですよね。

  8. pudding より:

    劔 岳子さん
    コメントありがとうございます。
    MRIで火傷する事があります。
    離れた場所なら検査していますが、同部位の時は気を付けています。
    最近の診断には必ずMRIをかけてしまいます。
    MRIがなかった時代の先生方はすごいと思いますよ・・・
    私なんかはMRIやCTに頼りすぎていると感じています。
    でも、説明にも使えるし、、、やっぱり頼ってしまいます(^^)
    保険の加入、、、
    ご存知の方いらしゃいませんか?

  9. れもん より:

    何度もすみません。
    保険加入はNGだそうです。
    pudding先生がおっしゃる通り、素晴らしい絵を拝見した事があります。
    そこに、「すみません。ココ、針、刺しても良いですか?」と、聞いたこともあります。しかし、それだけではありません。
    産前に切開する事が考えられた御婦人に、蛇の舌を切ってしまう事が考えられると、本人と、ご主人へ。また傷を縫う事で、絵柄が変化してしまうという事実を、お話ししているDr.もいました。 
    勿論、無事に出産をと願われたので、ザックリ切開しましたが、慎重にナートしていましたよ。「これも人権」と、話したDr.の言葉を思い出しました。ちっと、いびつな蛇の舌の出来上がりでしたが・・・。

  10. pudding より:

    れもんさん
    いろんな経験をされていますね・・・
    うちでは局注、静注の時、色が入っていない所を探して入れています。
    保険加入はできないんですか!
    ふ〜〜〜ん、、、なんでですかね?
    差別だと思います。
    保険加入には関係ない話だと思いますが・・・
    確かに保険加入したい人はお絵かきをしなければいいと思いますが・・・
    ねぇ〜〜〜(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です