BLS / PALS 筆記テストの Version B

 ACLS 筆記テストの Version B を翻訳し、ホッとするのも束の間。

 今日は BLS 筆記テストの Version B が・・・

 さらに PALS 筆記テストの Version B までもお土産!

 筆記テストだけでもこんなに。。。

 G 2010 に変わった時は大変な事になりそうです(^^)/

 

 本業も忙しい日でした。

 小さな手術ばかりですが、白衣を 2 回着替えました。

 化膿創の切開術、弾発指の腱鞘切開術、骨接合術後の抜釘、アテローム切除術、軟部腫瘍摘出術。

 たくさん縫いました(^^)

 あっ、肘内障もきたなぁ〜。

 

 肘内障とは小学校にあがる前の子供さんの肘の脱臼です。

 正確には橈骨頭が輪状靭帯にひっかかってしまい、肘が曲げられなくなってしまいます。

 徒手整復すると「パッコン」っと音がします。

 整復後、いつもチビに睨まれます。

 確かに頑固に引っ張って回内するもんね・・・

 最近の報告では回内するだけで整復できると書いてありますが、、、今日も引っ張りました。

 ごめん、、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です