今週のドキッ!

 警察の留置室で窃盗容疑の女性が湿布薬 2枚を口と鼻に貼り付け心肺停止状態で見つかった。

 湿布薬は首が痛いとの訴えで病院を受診し処方された物。

 ドキッ!っとしました〜〜〜恐ろしいですね。。。

 気軽に湿布を処方できないじゃ〜ないですか!

 しかし、普通、呼吸難に陥れば、無意識に剥がそうとしてしまうのが人間です。

 どうやって剥がさずに我慢できたのでしょうか?

 ちょこっと不思議な事件でした。

 

 もうひとつ、、、ドキッ!

 県警巡査長が Mixi に仕事の愚痴を書き込みをしたとして訓戒処分を受けています。

 ちょっと待ってぇ〜〜〜

 ブログや Mixi に変な事、書いていなかったかなぁ〜。

 気を付けなければ・・・

 

今週のドキッ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. れもん より:

    湿布を舐めると、甘いものと辛いものに分かれるのをご存知でしょうか?こんな事を知っているのは、小学生の時に試したから・・・。タイガーバームは辛かったと記憶しています。
    (私も変人扱いされてしまうかしら???)
    シップで口と鼻を覆う。スースーしそうですね。
    これで心肺停止?ってことは、呼吸源性の心停止ってことでしょうか?
    シップ・・・。
    自殺を望む人は、かなりアイディアを膨らませるようですよね。。。
    あれ??
    これ・・・・。爆弾発言かしら?
    解雇されない程度の発言にしないとな・・・(汗)
    個人的ブログも見直さないと危険かもです!!!!!

  2. kana より:

    湿布で思い出したことがあります。
    数年前、4ヶ月の乳児がおでこに貼っていた熱さまし用の冷却シートがはがれ、
    口と鼻を塞いで窒息した事故がありました。
    お母さんがちょっと用事をしている間のできごとだったようです。
    「おでこに冷却シート」小児科外来ではよく見かける姿です。
    手元にある冷却シートの注意書きは、残念ながら目立つものではありません。
    これを機に、また外来に注意喚起の掲示をしよう。。。

  3. れもん より:

    えっ??冷却シートで窒息ですか!?
    冷却シートは、くるくる丸まって外れるか、カラカラに乾いて剥がれるかだと思っていました。
    家の姫はこんな感じですから〜
    痛ましい事故ですが、湿布にしても、冷却シートにしても、大惨事になることは想定外…
    危険予防が必要ですね。ただこれも、過度にやりすぎると、危険予知が出来なくなる…
    頭がクラクラしてきました。

  4. pudding より:

    れもんさん
    コメントありがとうございます。
    >呼吸源性の心停止
    かも知れませんが、低酸素血症による致死性不整脈も考えられます。
    ただ、人間は痛み刺激に反応し、痛みの原因を取り払おうとします。
    呼吸抑制には下顎呼吸(あえぎ呼吸)を生体反応として行なったりします。
    それよりもなによりも、呼吸しずらかったらなんとか呼吸しようともがき、
    湿布を剥がそうとするような気がします。
    ある意味、すごい精神力なのかもしれません。
    不思議です。

  5. pudding より:

    kanaさん
    コメントありがとうございます。
    >熱さまし用の冷却シート
    うんうん!湿布と同じですね・・・
    さらに 4ヶ月の子、、、剥がす事は無理ですね・・・
    気を付けなければいけない事例です。
    酔っ払っていると 4ヶ月の子供以下ですから、気を付けます(^^)

  6. pudding より:

    れもんさん
    >頭がクラクラしてきました。
    大丈夫ですか?
    酔っ払いましたか???
    確かに事故は予期せぬ事態です。
    チェックが、2つ、3つと、なにかの偶然で怠った時に事故が起ります。
    気を付けていても、予防していたつもりでも・・・
    あまり考えずにれもんジュース飲んでください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です