日本体育協会 日本スポーツ少年団認定員って?

 「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する事、またスポーツを通じて青少年の心とからだを育てる事」

 を理念とする日本スポーツ少年団は 1962年創設されました。

 全国に 3万 6千団体、約 90万人の団員をかかえる少年団では、

 指導者の養成と同時に、年少団員のまとめ役や指導者との橋渡し役となる「リーダー」の養成も行なっています。

 養成講習会は各県毎に開催され、私達の県では21年度の養成講習会は全部で 5回も開催されています。

 

 参加条件は、

 (1)スポーツ少年団に指導者登録している者

 (2)スポーツ少年団に指導者登録が見込まれる者

 っということは登録を行なえばスポーツ少年団認定員養成講習会に参加できます。

 参加申し込みをすると 3週間以内にテキストとワークブックが郵送されてきます。

 自宅学習、約 21時間が必修となっています。

 そして、申し込みした養成講習会 2日間に集合講習として約 14時間も受講します。

 最終日には検定試験がありますが、テキスト持込可(^^)。

 さらに、参加費は 1,000円。

 興味のある方は、各県のスポーツ少年団事務局にお問い合わせしてみてください。

 

日本体育協会 日本スポーツ少年団認定員って?” に対して1件のコメントがあります。

  1. サンダーバード77号 より:

    こんばんは、pudding先生

    「スポーツ少年団」というものを初めて知りました。
    でも全国に3万6千団体あるということは、きっと私の周りにも活動している団体があるということですよね。

    実際にどのような活動をしているのか、とても興味があります。

  2. pudding より:

    サンダーバード77号さん
    コメントありがとうございます。
    きっとお近くで活動している団体もあると思いますよ。
    日本体育協会のホームページに詳しく載っています。
    http://www.japan-sports.or.jp/club/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です