Contre-coup injury

 慢性硬膜下出血はおじいちゃん、おばあちゃんが頭をぶつけて 3週間ぐらい経って発症する頭蓋内出血です。

 お茶碗を落す、字がいつもと違う、足の力が入りにくい、、、

 このような症状が出現して、そう言えば頭をぶつけたような・・・こんなエピソードがあり CT 検査で診断されます。

 

 急性硬膜下出血は明らかな外傷があり、脳挫傷を伴う事が多いです。

 昨日、ボクシングのチャリティー試合中、19歳のタイの選手がレフェリーストップ後に倒れ、

 約 3時間後、搬送先の病院で硬膜下血腫による死亡が確認されました。

 最終の第 10ラウンドの開始約 1分で、ロープ際に追い込まれた際に動きが止まり、

 レフェリーが試合を中断したところ、同選手はそのままリングに倒れ込んだそうです。

 

 この急性硬膜下出血には、国試のために覚えた特徴があります。

 Contre-coup injury

 これは衝撃をくらった反対側の脳損傷。

 前頭部の衝撃があったら、その反対側の後頭部が損傷することです。

 この選手の出血部位は不明ですが・・・

 お気の毒です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です