インフルエンザ菌 b型

 インフルエンザ菌 b型 約 100年前、インフルエンザ患者から発見されたために命名されましたが、

 季節性や新型インフルエンザを起こすウイルスとは別。

 乳幼児の細菌性髄膜炎を引き起こす細菌です。

 髄膜炎は、脳や脊髄を覆う髄膜に細菌やウイルスが感染し、炎症を起こす病気。

 特に細菌性の髄膜炎は重症化しやすく、その約 6割はヒブが原因で、約 5%が死亡、約 15〜25%に発達の遅れ、

 てんかん、聴覚障害などの後遺症を残します。

 予防接種が導入される前は毎年約 600人が発病。

 昨年 12月から国内でも予防接種が始まりました。

 

 この「インフルエンザ菌 b型(Hib=ヒブ)」の予防ワクチンが不足しています。

 このワクチンは生後 2〜7か月の間に 3回、1歳で 1回打つのが目安。

 任意接種で 1回 7,000円前後、自治体によっては補助が出ます。

 ところが、希望者が殺到し、予約をしても受けられるまでに時間がかかるケースが相次いでいるようです。

 ヒブワクチンはフランスのメーカーが製造し、第一三共が販売。

 事前の市場調査に基づき年間 100万本、1か月に 7万5000〜8万5000本輸入する計画を立てましたが、

 予約が月に 12万〜14万本分と予想より多かった。

 このため、日本向けワクチンの増産を要請し、来年 7月以降には月に 17万〜33万本分輸入できる見通しだという。

 日本は先進国のはず・・・

 

インフルエンザ菌 b型” に対して1件のコメントがあります。

  1. こっちでも熱病 より:

    先進国どころか…。

    何をもって『先進国』って言うんでしょうね?

    OECDがどうとか、GDPがどうとか。

    少なくともワクチン行政とか公衆衛生疫学は、半世紀くらい遅れてますよね。

    Hibしかり、麻疹しかり、BCGしかり。

  2. みたらし団子 より:

    お久しぶりです。
    ヒブワクチン、私の息子の時はありませんでした。しかし、友達が騒いでいたので、数か月前に教えてもらいました。
    小児科の待合室にも、ポスターが貼ってあったので、この前読んでみましたが、予防できることは、予防したいと思うのが普通です。
    輸入・・・。
    これだけ日本の医療が進歩しているというのに、国の中で守れないのですね(涙)

  3. pudding より:

    こっちでも熱病さん
    コメントありがとうございます。
    お久しぶりです。。。お元気ですか?
    >ワクチン行政とか公衆衛生疫学は、半世紀くらい遅れてますよね。
    ほんとーですね・・・
    まあ、末端が騒いでも変わらない国・・・
    しょうがないです。

  4. pudding より:

    みたらし団子さん
    コメントありがとうございます。
    Hib は本当に不足している様です。
    小児科に次回入荷予定は来年の 3月って聞きました。
    まじ、異常です。
    5%が死亡、後遺症が・・・
    こんなに危険な病気なのに、ワクチンがあれば予防できるのに・・・
    メタボリックより重要だと思うのですが。。。

  5. さもんこ より:

    参考になります!ありがとうございます!

  6. pudding より:

    さもんこさん
    コメントありがとうございます。
    気ままに書いています。
    本当に気ままですが、毎日更新する努力をしています(^^)
    結構、きついですが・・・
    またコメントくださいねぇ〜〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です