わかります?

 PEARS の準備が終りました。

 場所の違う所での連日の PEARS なので、頭の中を整理しながら・・・

 相変わらずのバタバタの外来、昨日はレントゲン診断しにくい 2症例がありました。

 

 2時間目の体育の授業中、鉄棒から転落した小学校 2年生の男児です。

 その後も授業をうけ、給食も食べてからの受診でした。

 右肘関節周囲の腫脹と熱感、動作時痛を訴えていました。

 正面像と側面像です。

 どこが骨折しているか分かりますか?

bbe5051bbe5061

 

 上腕骨の顆上骨折です。

 肘を伸展位にて手をついて受傷する事の多い、やんちゃ坊主達の骨折です。

 この骨折は見逃すと合併症が 2つあります。

   ●Volkmann 拘縮・・・血行不全から筋の瘢痕・線維変性を起します。

   ●内反肘・・・整復不全により成長に伴って内反変形します。

 これらに気を付け、治療方針を決めます。

 転位が大きい時はキルシュナー鋼線で内固定する手術を行ないます。

 この子のように、転位がない骨折は徒手整復を行ない、gips 固定をします。

 

 分かりにくい骨折の時は健側、いわゆる反対側の同部位をレントゲン撮影します。

 上腕骨の遠位端にある丸いくぼみが、この写真でははっきりしているでしょ・・・

bbe5041

 やっぱり分かりにくいですね・・・すみません。

 明日も分かりにくい骨折を紹介したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です