ネグレクト

 ネグレクトとは育児放棄の事です。

 日本法医学会の調査。

 大学の法医学教室や監察医機関が 00〜06年に手掛けた 17歳以下の解剖例で、

 虐待による死亡か、その疑いの強い死亡が計 387人に上ることが分かったようです。

 113人は繰り返しの暴行やネグレクトによる死亡で、約 8割は 0歳児を中心とする 3歳以下。

 「社会とのかかわりが薄い 3歳児以下の子供を、社会がどう見守るかが課題だ」と指摘している。

 

 調査結果は、子供への加害行為のすべてを虐待と位置づけたうえで、

    (1) 繰り返しの暴行やネグレクトによる死亡 113人

    (2) 殺害された嬰児 54人

    (3) 無理心中による死亡 73人

    (4) (2)と(3)を除く殺人による死亡 86人

    (5) その他の事例による死亡 61人

 と分類し、

 暴行による死亡と、暴行かつネグレクトによる死亡は計 86人。

 年齢別内訳は 0歳 25人、1歳 16人、2歳 15人、3歳 12人と、0歳児が目立って多かった。

 加害者は実母が 32人で 37%を占め、次いで実父 17人、継父か内縁の父 16人。

 暴行した実母 32人の動機は、愛情の欠如 11件、子供の反抗的態度 4件、家庭不和 3件、子供の泣き声 3件。

 実母にとって、24時間 365日の子育ては大変だと思います。

 まして、子育てのみの方ばかりではないと、、、

 しかし、新型インフルエンザ予防接種の予約をする母親の執念も身近に感じ、

 その反面、このような News をみると、なにが本当なのか???分からなくなります。

 

 今日はチビ達の新型インフルエンザの第 1回目です。

 過剰な電話予約で始まった、この騒動、、、ひと段落でしょうか・・・

 

ネグレクト” に対して1件のコメントがあります。

  1. 小桜 より:

    真夏に車内に子供を置き去りにしてパチンコをして熱射病で死亡させる事件は毎年報道されていますよね。まだこのように表面化されているのはましかと考えられます。発見されず成長してしまう子供達。または葬られてしまうことさえ・・。生後間もない赤ちゃんが泣き止まないから殴ったと平然と言う両親。子供が欲しくてたまらない方もこの世にはたくさんいるのに。。身勝手な子供染みた幼稚なのかと・・一向に無くならないニュースや新聞報道に目をそむけたくなってしまいます。この世には生まれてはいけない命なんてないはずです。その命を生きる喜びを摘み取ってしまう権利なんてたとえ親でもないはずです。躾と虐待は全く違います。・・とまだまだ新米の親の顔している私はそう思います。

  2. pudding より:

    小桜さん
    コメントありがとうございます。
    うちの母は「子供は自分の分身だ」っと言ってくれます。
    そういう母の元に生まれて来れて良かったと思います。
    鼻が低い事や赤ちゃん首まで似なくてもいいのに・・・
    しかし、母になる準備が出来ていない若者。
    子供もかわいそうですが、母親もかわいそうです。
    そんなの無責任だとおっしゃるかもしれませんが、事実そうだと思います。
    まだまだ遊びたい年頃、我慢して子育てしているのに、
    むやみやたらに泣く赤ちゃん。
    周囲が助けてあげなくてはいけないとも思います。
    難しい問題ですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です