タクシー

 南海地震や台風など災害の発生時、けが人を病院に運ぶことなどを目的として、

 県ハイヤー・タクシー協議会と高知県は協定を結んだ。

 業務内容は、

    ●けが人の搬送

    ●災害現場に向かう自治体職員の搬送

    ●応急活動に必要な物資の搬送

    ●道路崩壊やがけ崩れなど被災状況の通報

 協議会は県からの支援要請を受け、タクシーを現場に派遣。

 経費は県が負担するが、災害救助法により国からも補填されるという。

 

 素晴らしい試みですね。。。

 タクシーチケットをもらっている時は利用しますが、通常はあまり利用しません。

 やっぱり高いイメージがあります。

 しかし、道に迷ってウロウロした時は「タクシーに乗ればよかった」っと反省します。

 仕事だとはいえ、運転手さんはよく道をご存知です。

 今回の協定は、この能力を活用するとともに、ある程度の台数を確保できる利点があります。

 賢い!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です