1126億円

 新型インフルエンザワクチン。

 当初は「足りない」と大騒ぎでしたが、今度は逆に「余る」ことが確実な状況になっているようです。

 (1)1500万人以上と推測される感染済みの人には、ワクチンはいらない事。

 (2)流行が下火になりつつあることで接種希望者が減る事。

 (3)来年 2月には 9900万人分の輸入ワクチンが供給される予定になっている事。

 が原因に挙げられます。

 

 厚労省が今回の新型インフル用に用意した国産ワクチンは 5400万人分。

 輸入の 9900万人分を合わせると 1億5300万人分にもなり、日本の人口を大きく上回る。

 ワクチンの輸入に使われた税金は 1126億円。

 契約上、ワクチンの品質に明らかな問題がない限り、解約や返品は不可能。

 こりゃ大変だぁ〜〜〜。

 

 1月 6日、チビ達の予防接種 2回目を行う予定です。

 何人のキャンセルがあるのでしょうか・・・

 受験生の予防接種も始まります。

 こんな News をみると予測が立てられないっといったところでしょうか。

 余分な事は出来ないご時世ですから・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

NPO 団体の活動

次の記事

AEDのアラーム!