CoSTR 2010 ACLS

 2010年の仕事初めでした。

 今日の患者さんは正月三箇日、痛みを我慢した方が多く、、、気の毒でした。

 毎日、病院が開業しているというのは大事な事なのですね・・・

 

 さて、CoSTR 2010 の ACLS 変更の見通しですが・・・

 

 ●CPR 中の気道挿管に声門上気道デバイス(SADs)の使用の推奨。

 ●二相性をを使用し、エネルギーを漸増しながら、波形解析と並行して行う除細動を推奨。

 ●心停止後症候群の治療に関して、

    (1)軽度の低体温療法

    (2)早期の PCI

    (3)早期の循環動態至適化

    (4)適切な再酸素負荷

    (5)大量の血液濾過

 これらの集中的治療の内容も入ってきそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です