運転免許

 ゴルフの石川選手が無免許運転という事で、驚きました。石川選手がどうのと言う訳ではなく、海外で国際免許証を取得した場合、3ヶ月未満に帰国した場合は日本で運転できないという点。

 

 僕もしばらくは日本の免許証を持たず、アメリカの免許+国際免許証で運転していた時期がありました。2002年にそのような変更があったとは。。。

 

 でも、矛盾していますよね。海外で十分な訓練を受けたから免許証を発行されている訳で、それを「不十分な可能性がある」とは。つまり日本の教習が世界一だと言いたい訳でしょうか?

 

 今日も東京で交通事故がありました。高齢の運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えて歩道を暴走。けが人が多数出たという事です。高齢となって運転能力が低下しても、それをチェックして免許証を取り消す機構がないわけですね。石川選手の例とは矛盾するような気がします。

 

 このような事故はゼロにする事は出来ませんが、少しでも良い方向に進むと良いですね。

 

石川遼選手が無免許運転…国際免許の無効知らず
読売新聞
 男子プロゴルフの石川遼選手(19)が、日本国内では無効の国際運転免許証で自動車を運転していたことが8日、わかった。

 道路交通法上の無免許運転にあたるが、父の勝美氏(54)によると、石川選手は無効となっていることは知らなかったという。

 警察庁によると、2002年に施行された改正道交法では、海外で取得した国際運転免許証について、日本を出国してから3か月未満に帰国した人は、「十分な訓練を受けていない可能性がある」(警察幹部)として、国内での運転を認めないこととされた。

 しかし、勝美氏によると、石川選手は今年2月からの米国遠征中に国際運転免許証を取得し、4月の帰国後に、国内ツアーからの帰路や自宅周辺などで自家用車を運転した。勝美氏は「もっと細心の注意を払わなければならなかった。遼本人も『(運転したことを)後悔している。事故などで大きな迷惑をかける前に分かって良かった』と反省している」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です