熱中症

 亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 以前も記載しましたが、私自身も熱中症で倒れました。正確には、「まだ大丈夫だ」と思いながら休憩したら、そこから意識が断片的になって、指先の硬直もでていました。自分で危険な状態だという認識がないまま、あっという間にレッドゾーンに突入していた訳です。

 

 その時は「完走しなければ」という職務上の責任感(?)というか根性論でしたが、今回のニュースの方も職務上の責任感から少し無理をされたのでしょうか。私の場合は「各所に監視院を設置し、問題があれば軽傷でも重傷でも、とりあえずすぐに搬送」と決めてありましたので、状況は深刻にはなりませんでした。取り決めが無く対応が遅れていたら、あるいは今頃は雲の上だったのかもしれません。

 

 9月〜10月は運動会シーズン。みなさん、健康管理には十分に気をつけて下さい。

 

運動会中に熱中症で死亡、22歳の女性保育士 

千葉・流山

産経新聞 9月10日(土)18時35分配信

 10日午前11時40分ごろ、千葉県流山市の市立流山小学校のグラウンドで、同市内の保育園が運動会を実施中に女性保育士(22)が気分が悪くなったと119番通報があった。

 同市消防本部によると、救急隊の到着時、女性保育士は意識があったが、搬送先の病院で午後2時10分ごろに死亡が確認された。死因は熱中症だった。

*/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です