子供なりの遊び

 救命とは何の関係もない、日常の話題ですが、最近、子供達が新しく考えた(?)遊び。 「スズメつかまえ」

 

 公園の広い芝生で遊んでいるとスズメを見かけるわけですが、追いかけて捕まえようとする遊び(?)です。そのまんま。。。残念ならがスズメの方が頭が良いわけで、絶対に捕まりません。っというか、有効射程距離に入ることすら出来ません。当然か。

 

 彼らは殺気というか、危険な「気」を感じ取れるのでしょうか。毎朝ランニングをしていますが、その際には踏んでしまえるほど接近しても、スズメ達は逃げません。スズメに意識を集中しながら接近すると、すぐに逃げます。

 

 危険を察知する能力があるのでしょうか?水中写真に凝っていた頃も、良い写真を撮ろうと焦れば焦るほど魚たちは逃げていきました。明鏡止水。邪念を振り払うと、手が届くのではと思うほど、魚が周囲に集まりました。

 

 まぁ、子供達にそんな話をしても理解できないわけで、楽しくスズメに遊んでもらっています。(ヤツらは楽しくないか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です