いいニュース!

今日は朝から気持ちいい記事をみつけ、元気な 石川BLSの上田です。
除細動器を埋めた青年が心停止患者にCPRとAEDをし、救急車到着前に意識も回復、蘇生に成功したというニュースです。

hanarete1

(以下、毎日新聞地方版より転載。)

感謝状:救命2人に 心臓病の山本さん「助けたい一心で」−−越谷消防 /埼玉

 越谷市消防本部(大野實消防長)は7日、心臓が停止した急病人をAED(自動体外式除細動器)や心肺蘇生法で救命した春日部市の会社員、山本悦之さん(29)と越谷市の警備員、佐藤靖さん(43)の2人に対し、感謝状を贈った。

 同本部によると、昨年12月7日、同市立中央市民会館であった親睦(しんぼく)団体の忘年会で、男性(58)が昼食後の体操中に心筋梗塞(こうそく)で倒れ、心肺停止になった。会に出席していた山本さんが会館備え付けのAEDを男性に装着、放電した。さらに、館内をパトロール中の佐藤さんも駆けつけ、胸部圧迫を繰り返し、男性は救急車の到着前に意識を回復し、一命を取り留めた。

 山本さんは、元県警高速道路交通警察隊員。心臓病のため06年12月に不整脈時に作動する除細動器の埋め込み手術を受け、07年2月に退職した。当日、山本さんは、市民会館の忘年会場の3階からAEDのある1階まで駆け下り、AEDを抱えて再び階段を駆け上り、救護に当たった。

 山本さんは、「助けたい一心で自分の心臓の状態を忘れ、階段を上り下りした。警察官の時にAEDの講習を受けたのが役立ち、良かった」と述べた。また、佐藤さんは「心肺蘇生法を実際にやったのは初めて。多くの人に救命法を学んでほしい」と、話していた。【飯嶋英好】

毎日新聞 2009年1月8日 地方版

いいニュース!” に対して1件のコメントがあります。

  1. なお より:

    素晴らしいニュースです。

    去年のお正月に愛知県で子供が氷のはったため池に落ちた時も、父親の心肺蘇生法がなければ、予後に大きく影響してました。
    この時、父親は、テレビで見た心肺蘇生法を見よう見まねでやってみたそうです。
    この間、消防の通信指令の口頭指導、PA連携、愛知県のドクターヘリが別事案に出動してたため、機転を利かして、静岡県のドクターヘリに出動依頼、そしてこども病院へのP-ICUへのヘリ搬送と、救命の連鎖がつながった事例でした。

  2. uedaman より:

    なおさん
    コメントありがとうございます。
    救命の連鎖、文字どおりですね。
    私たちの活動も救命の連鎖の1つですよね!
    ともに頑張りましょう!

  3. new era hats より:

    私も冬のスポーツを応援する者としてこのしじみレーシングを微力ながら応援していきたいと思います!
    浩明はアルペン、おれはジャンプ、お互いがんばろうね!

    タマガワ、トダ達もがんばれよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です