BLS 「あえぎ呼吸」 って?

 BLS に出てくる言葉って難しいのがありますよね・・・

 

 「あえぎ呼吸」、、、教科書には「死戦期呼吸」と書いてあります。

 意識(反応)がない傷病者が深い吸気と早い吸気が続いた後に無呼吸になる状態です。

 しかし「あえぎ呼吸」を一般の方にイメージしていただくのは難しいと思いませんか?

 なにか音はするもののちゃんと呼吸していない事ですよ・・・なんて、分かったようで分からない説明になってしまいます。

 みなさんはどういう説明をしていますか?

 

 その対策のために成人のCPRの時から気を付けている事があります。

 呼気の吹き込みの練習の都度、「胸があがる有効なレスキュー呼吸・・・」と言っています。

 逆に胸があがっていないのは有効じゃないといえます。

 

 これは他の説明にも繋がります。

 太った人、お年寄りの方、小児、乳児の吹き込みの量は?

 っと質問されても、胸があがればいいんですよ・・・っと答えられます。

 「あえぎ呼吸」は呼吸停止として対応しましょう、、、ねっ!

 

 本日、本業では膝関節鏡視下滑膜切除術があります。

 膝関節の中って宇宙空間のようです、、、写真が撮れたらupしますね・・・

BLS 「あえぎ呼吸」 って?” に対して1件のコメントがあります。

  1. Raul より:

    お世話になっております

    私も以前に「あえぎ呼吸」をうまく説明できるようになりたいと思い
    いろいろ調べた結果、ひとつの動画に辿りつきました。

    http://www.youtube.com/watch?v=ICODRFoWZkw

    おそらくはG2000ガイドラインのAEDだと思いますが
    貴重な動画だと思います

    携帯でみれるようにしてありますので
    講習で「あえぎ呼吸」について説明する時の補足として
    受講者さんに見せたりしてます

    よろしければ参考にしてください  m(_ _)m

  2. pudding より:

    Raulさん
    コメントありがとうございます。
    これからのコースに使わせていただきます。
    受講生によって言葉を選択しながらコースをしていますが、
    動画で直接見れるのは説明がいらず、いいですね・・・
    ありがとうございます。
    これからもコメント参加してください。
    よろしくお願いします。

  3. より:

    私もそのビデオをiphoneで講習の休み時間に見せたりします。私も前職の救難にいた時には、ほぼCPAやそれに近い状態ばかりだったのでよく見ましたが、一般的に見る方は少ないかもしれませんね。あえぎ呼吸音が聞こえるというより、顎の動きとかは特徴的ですよね。変に体も動いたりするから、最初はびっくりしましたけど。ただ、有効な呼吸ではないと言う事を覚えてもらえればいいのですから、「胸の動かない呼吸はダメよ」でいいですよね。いつもどこまで説明しようか迷っちゃいます。

  4. 私もこの動画、使わせてもらってます。

    この生還した日本人男性、名前まで公開されちゃってますが、
    本人の意向でいまこんなに大々的に参考映像として
    国内外で使われているのかなと、ちょっと気になるところです。

    何かご存じの方いますか?

    厚生労働省も絡んでいるので、たぶんそうなんだろうとは思うのですが。

  5. pudding より:

    Oさん
    コメントありがとうございます。
    関節鏡視下手術は無事終りました。

    「あえぎ呼吸」はイメージするのも難しいし、説明するのも難しいですよね・・・
    かといってテストに出ていますし・・・試行錯誤やっております。
    呼吸筋が大きく動くって説明すると呼吸筋って?って感じになります。
    やっぱり「胸があがる有効な呼吸」を強調するしかないです。
    それも必要以上に言い続けなければならないと考えます。

  6. pudding より:

    めっつぇんばーむさん
    コメントありがとうございます。
    厚生労働省が絡むほどの動画ですか・・・
    っていうか本当に物知りですね・・・これからもいろいろ教えてください。
    またコメントに参加してください。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です