BLS 〜 CPRとAED

BLS-HCPコースでマスターしていただく AED(自動体外式除細動器)
今日はこのAEDを45台をセットアップしました。
私の本業は医療機器メンテナンスだったりします。総務の責任者の仕事も兼任していますけど。。。どれも本業。AHAのインストラクターも本業!

45台をセットアップするのに8時間かかりました(^_^;)

dsc038252

見てください。この箱。
本体だけでこれだけ。この他に・・・

成人パッド90組
小児バッド45組(箱)
CPRキット45袋
AEDキャリングケース45個

dsc03829

小児パッドの箱です。
この中に小児パッド、説明書、使用期限のシールが入っています。

dsc038302

箱に書いてある温度計が見えますか?使用できる気温のレンジが記載してあります。

待機状態で0℃から43℃って書いてありますね。AED本体もそうです。日本国内にも待機温度が0℃以上のAEDと10℃以上のAEDとがあります。気候の厳しい地域や施設など環境によって注意が必要ですね。

dsc038311

小児パッドの袋です。よくみてください!
パッドの貼り方がイラストで書いてあります。この3月から箱に入っているシールをAEDにつけたタッグに貼って管理します。わかりやすくていいですね!

dsc03832

AEDは高度管理医用機器です。
AED本体のシリアルNO.
バッテリーのシリアルNO.
各パッドのシリアルNO.と使用期限を管理するため管理シートの転記します。
1個1個、丁寧に作業します。

dsc03833

これでみなさんがよくごらんになられる状態に近づきました。
AEDにタッグかかかっているのが見えますか?
このタッグにバッテリーの使用開始日、各パドルの使用期限シールを貼り付けます。
写真の奥に見えるキャリングバックに本体を入れて、予備パドルを入れて、CPRキットを入れたら器材のセットアップは完了!

このAEDは月曜日に納品してきます。

AEDは使われることがないのがいいんですが、万が一、使うことになれば活躍して欲しいです。AEDは倒れてからできるだけ早く使用すると効果が高いです。5分以内に使うのが有効なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です