PALSを受講される方へ 「ストレス用量って?・・・」

PALSコースまであと1ヶ月となりました。

受講生のみなさん、準備はすすんでおられますか?

先日、受講生の方から質問をいただきました。

同じような疑問をお持ちの方もあると思いますので掲載します。

 

敗血症性ショックのアルゴリズムにある『ストレス用量のヒドロコルチゾン・・・』

「ストレス用量ってどういう意味?」

いつもは何のひっかかりもなく読んでいたフレーズ。改めて聞かれて、、、調べました。

「ストレス用量」=「ストレスが加わった際に使用する量」

この小児の敗血症性ショックのアルゴリズムでは、左下に書かれている

「ヒドロコルチゾン約2mg/kg、最大投与量100mg」がストレス用量に当たります。

ヒドロコルチゾンの使用量は、症例や症状によりさまざま。

例えばアナフィラキシーショックの小児では、一般的に5〜10mg/kgを使います。

 

「これってどういうこと?」

疑問に思われたことはお気軽に質問してくださいね。

https://bls-acls-pals-fa-fukui.jp/modules/ccenter/?form=8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です