初心忘るべからず・・・

 PEARS 、BBP、FA を受講された方からのメール返信で昨日は仕事が進みませんでした。

 っというか、、、

 やらなければならない報告ロスター入力が一番嫌いな業務、後回しにしてただけです。

 秘書さんが欲しいです。

 お申し込みを頂き連絡をし、教科書を郵送し、入金を確認。

 終了後は書類の整理、報告、送金、ML招待。

 ぜーんぶインストラクター達でこなしていますから、、、(涙)

 

 昨日、心肺停止がありました。

   徐脈→心静止→CPR→挿管→30分後死亡確認

 4月に看護師になったばかりの若者は終わった後、泣いていました。

 それを見て「初心忘るべからず・・・」っと思いました。

 さらに、、、

 ACLSをインストする時、心肺停止を経験したことがない受講生もいるはず・・・

 医療者にも心を伝えなくていかなければならないと感じました。

 

 

 PEARS の時、恒例行事になってきた「What did the GORILLA do ?」を見ていただきました。

 全員ひっかかりました、、、満足!

 「めっつぇんばーむ」さんもです、、、うふっ!

 今のところ1敗のみ、、、I 先生だけに見破られました。

 さずがですね。。。

初心忘るべからず・・・” に対して1件のコメントがあります。

  1. fumiko chujyou より:

    いつもお忙しそうですね。お疲れ様です。
    突然の心肺停止はショックです。
    特に新人は、リアリティショックにへこんだことでしょう。
    彼女の心のフォローを是非お願いします。
    3月28日でのACLSでの学びを、先日病棟の勉強会で新人看護師に伝えました。
    先生の熱い思いも一緒に‥

  2. pudding より:

    chujyouさん
    コメントありがとうございます。
    死亡確認した後、言葉をかけ、すぐに帰しました。
    死後の処置はまだ見せたくありませんでした。
    少しずつ、ゆっくり、育てていきたいと思っています。
    気になっていましたから、朝、様子を見に行きましたが元気でした。
    頭をなで〜なで〜してやりました。
    昼からは大腿骨骨折の手術をみていましたよ(^^)
    頼もしく感じました。
    chujyouさん
    週末のいろいろなコースをして看護師の教育プログラムが見えてきました。
    まずはBLS+PEARSを受講、その後ACLSだと思いました。
    もちろん熱い思い、心も伝えながら・・・です。
    また連絡ください。

  3. れもん より:

    教育システムが、スパルタだった私。「何も出来ない新人が、バタバタしてるだけで邪魔!」「家族が泣く前に、泣いてたら困る。」等、色々言われてきました。懐かしいなぁ…。そんな時期もありました。新人には、たまに寄り道しながら、ゆっくり先を進ませるタイプです。先を急ぎたがる新人さんは、つまずいたら立ち直りに時間がかかるし、立ち直れないままとなる可能性も高い…。こうなったらもっと大変です。辞表提出されちゃいますからね〜。私もやりました!そして、やられました!!
    お互い、日々勉強です。自分の事で精一杯の新人ナースを、安心して働いてもらえる環境提供も、重要なるポイント。pudding病院にはそれがありそうですね。私も転職したいなぁ。
    あっ!日勤に行かなきゃ!

  4. pudding より:

    れもんさん
    お疲れは取れましたでしょうか???
    本当にご苦労様でした。
    いつかは出くわす心肺停止ですが、夕方でスタッフがいる環境での初体験。
    二十歳前後の若いNsが6人、ACLSコースさながら・・・
    ベテランが3人が指導したり、家族のケアーをしてました。
    初めての胸骨圧迫、挿管の介助、薬剤の名前、蘇生時の緊張感。
    よい経験になったと思います。
    ICLSの勉強をしたいと言っていました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です