サーチャージ

 燃油特別付加運賃(サーチャージ)は、燃料とする油の価格に追随する運賃とは別建てで徴収されていました。

 燃料価格の急激な変動により契約、または料金表設定時の運賃では運航する燃料代が賄えない事態に対応する措置として海運業界が1970年代から導入し、2000年代には航空、陸運業界に、旅客については2005年から導入されたものです。

 日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は石油価格の高騰から国際線運賃に付加されているサーチャージを7月から9月の発券分について無料にするみたいです。

 

 AMRインストラクターにとって渡米は必須。

 前回(3月)のサーチャージは4万円以上しました。

 たいへん喜ばしい事ですが、逆に今まではなんだったの!っといった感じです。

 

 私はJAL派です。

 JALは日本航空、日本の航空会社でしょ・・・なのにCAは外国の方がほとんどです。

 なにか頼んでも、たいてい2回は言いなおさないと通じない。

 安全が第一ですが、さみしい事です。

 さみしい話つながりでもうひとつ、、、

 私がAMRとの取引を始めた頃、$1=120円の時代でした。

 今日のレートは99.15円で、20円も違います。

 100円で20円、千円で200円、1万円で2千円、10万円で2万円、100万円で20万円。

 送金額が多いAMR、、、頭が痛くなってきました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です