64 往復

 46 年ぶりの皆既日食、奄美喜界島では 6 分 25 秒も観測された。

 皆既日食自体は 1〜 2 年に 1 度の割合で起っていますが、陸地で観測できるのが少ないようです。

 さらに 6 分以上も観測できる事が少ないとの事。。。

20090722k0000e040015000p_size5

 ダイヤモンドリング、コロナ、プロミネンス、、、

 宇宙の一員の気持ちになれました。

20090722-00000007-maip-soci-thum-000

 日常、太陽や月は当たり前の存在になっていますが、このような自然現象が起こると太陽の有難味を感じます。

 

 太陽と地球は 149,597,870 km、月と地球は 384,400 km 離れています。

 日本列島がおおよそ 3,000 km とすると、、、

 太陽までは日本列島を 24933 往復、月までは 64 往復する距離なんですね・・・

 めっちゃ遠い!

 64 往復かぁ・・・人工膝関節の手術閉創の縫合回数ぐらいだなぁ〜〜〜

 

 次回の皆既日食は 2035 年 9 月 2 日、、、26 年後。。。

 なにをしているのでしょう。。。

 

64 往復” に対して1件のコメントがあります。

  1. chujyo より:

    お晩です!ごめんください
    先生のおっしゃる通り、>太陽の有難味を感じます。
    三日月状態のお天道様を拝見しました。
    天岩戸の神話を思い出すほど、
    にわかに空も暗くなり、
    自然の神秘さに触れ、久しぶりに厳粛な気持ちになりました。
    ♪ののさまは口では何にも言わないが〜

  2. pudding より:

    chujyoさん
    コメントありがとうございます。
    外来中、さぼって見ました(^^)
    少し曇っていましたが、周囲が暗くなり雰囲気を感じられました。
    昔の人は理由が分からず、さぞかし驚かれた事でしょう。
    動物の対応も違ったようです。
    コウモリが飛んだり、鈴虫が鳴いたり・・・
    しかし、うちのpuddingは・・・いつも通りでした。

  3. 渥美格之進 より:

    見ていて、神秘を感じました。
    たしか3年後に、金環日食が見られるそうです。北関東から北陸にかけてだそうで。

    次の皆既月食の時、その時も救急やBLSと言ってる自分でいると思います(笑)

  4. pudding より:

    渥美格之進さん
    コメントありがとうございます。
    26 年後、本当に BLS と言っていられるといいと思います。
    しかし 26 年間、いろんな事が起き、いろんな変化があると思います。
    柔軟に対応できる自分自身を形成していく事が一番の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です