変化する瞬間

 東北、関東、中国四国地方より単身で来られている受講生。

 心細く、不安な気持ちいっぱいで来られている・・・

 グループで、、、なんだか安心ですよね。

 なんとなく知っている土地で、、、行きやすいですよね。

 しかし、、、知らない土地、知らない人、そして受講、、、

 偉い人たちが全国にはおられるものです。。。

 

 この 2 日間、たくさんの「顔の変化」に出会いました。

 緊張した顔に笑みがこぼれた瞬間。

 情報を詰め込みすぎた頭に回路が形成され、ひらめきの瞬間。

 不安が安心に変わった瞬間。

 この変化が、なによりもうれしい。。。

 

 忙しい週末でしたが、

 一番よかった事は、O 先生からたくさんの刺激を頂いた事。

 一番うれしかった事は、単身で受講した方から次の受講の申し込みを頂いた事。

 お金では買えない大きな物、大きな力になります。

 ありがとうございました。

 また、がんばれます!

 

 今日は片付け、書類の整理、入金、報告、、、事務処理を行ないたいと思います。

 そして 8 月の準備にかかります。

 BLS 、NPO 、ACLS、、、

 学会もあるし当直医もあるんだぁ〜

 8 月も忙しい 1 ヶ月になりそうです。

 

変化する瞬間” に対して1件のコメントがあります。

  1. しもむら より:

    先日は、ISLS-WS、FA、PEARS、参加させていただき、ありがとうございました。

    ISLS−WSでは、実践的な指導ポイントを学ぶことができました。
    FAは気楽に受けられて、かつ医療従事者にも勉強になって、大変面白かったです。
    PEARSは、看護師さんであれば、やはりPALSの前に受けておくと、すごくすっきりするなという感じですね。いかにして心配蘇生を施す状況までにしないかということが大事ですよね。いつも漠然とやっていることを、しっかり系統立てて診て、言葉で表現するということの訓練が看護師には必要だなと感じました。小児に関わらない方でも、値段以上のものが得られると思うので、お勧めです。

    そして、こういう講習会に参加して、持ってかえってくるものは、知識と技術だけじゃないです。先生やスタッフの方々の熱意とファシリテート力に感化されて、今回もたくさんパワーをいただきました。
    また参加させていただきますので、よろしくお願いします。

  2. れもん より:

    今回のPEARSは、テキストも持たず、復習参加させていただきました。思考回路を徹底的に身に付ける。この意味合いで…。
    コーヒー提供しながら、DVDを横目で見ながら、皆さんの、食らい付く眼差しを見ながら、時々聞かれる笑い声。こんなコースを外野から見る。そして、復習。受講生さんがラフに勉強出来る環境。重箱の隅をつつかれる訳でもなく、置いてきぼりになることもなく、pudding先生とF先生が導いてくれる安心感。魅力的な学習スタイル。
    私は、FISHのコースがやみつきになってしまっています。
    PEARSだけが、こんな感じのコースっていうわけでもなく…。
    私は敷居が高いと思っていたAHA。実は、そうではないAHA。楽しく学べる場所です。足踏みしている方がいらっしゃるとしたら、是非、参加してみていただきたいと思います。救急部で働く人向けのコースは、1つもありません。楽しめます。(私も救急じゃないし。)
    私は、泊まり込みでないと行かれない福井。まだ観光していません。そのうち、観光目的で福井に行ってみたいと思っています。
    分刻みでの二日間。移動途中に行ったクルクル寿司。美味しかったです。

  3. pudding より:

    れもんさん
    コメントありがとうございます。
    AHA の事、理解していただいてうれしいです。
    AHA は今一番と考えられる手法をガイドラインとして提供し、
    そのガイドラインに沿ってコースを組み立てています。
    10 年前、20 年前のやり方でなく今、現在のものです。
    医療者は今のやり方を学び、実践できるようシュミレーションしなければならないと思います。
    そして学びは楽しくないとできません。
    学びやすい環境を整えるのがインストラクターの役目で、学ぶのは受講者本人の意志でしかありません。
    楽しく学びやすい環境作りをFISHは目指しています。
    れもんさんの声は受講者の声です。
    興味のある方はぜひ受講してみてください。
    れもんさん、ありがとうございました。

  4. pudding より:

    しもむらさん
    コメントありがとうございます。
    システムエラーで先程のコメントのお返事が消えてしまいました。
    すみません。
    もう一度、書きます。。。
    まず、100 点満点の感想、ありがとうございます。
    とってもうれしいです。
    逆にいうとそこまで観察しておられたんだ・・・恐ろしく感じました。
    >いかにして心配蘇生を施す状況までにしないかということが大事
    おっしゃる通りです。
    心肺停止のコースが先行している日本において抜けていた部分です。
    >系統立てて診て、言葉で表現するということの訓練
    その通りです。
    ベテラン看護師さんは自然にできている事かもしれませんが、
    新米看護師さんにとって患者を見る方法を身に付けることができると思います。
    本当にすごい観察力、、、おそれいりました。
    半日であれだけの内容を学べる事や、何回でも参加できる事、
    実技試験はBLSの内容で、筆記試験は症例検討会、ストレスなく受講できる事。
    さらに PEARS の内容での小児科医の経験が聞ける事なども利点だと思います。
    またいつでも遊びにいらしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です