インフルエンザワクチン

 新型インフルエンザは猛威をふるい続けているようですが、騒ぎは収束しつつありますね。町中のみんながマスクをしたり、マスクが売り切れたり、外出を控えたり。。。日本人特有の騒ぎは落ち着いても、インフルエンザ自体が消えたわけではないので、対策は重要です。

 

 厚生労働省が新型インフルエンザワクチンを一括購入する方針を固めたという記事がありました。妊婦は重症化のおそれが高いのですが、ワクチン接種の安全性は確立されていません。若年者、老人、妊婦、、、接種の優先順位によってはワクチン不足となり、対処しきれなくなってしまいます。

 

 ワクチンの需要と供給とのバランス、難しいですね。今回は問題が深刻なために、国が動いたようです。今後の動向、接種後に問題が発生しないかどうか、気になる所であります。

 


 

厚生労働省は21日、ワクチンメーカーから新型インフルエンザワクチンを一括購入する方針を固めた。

 国は現在、新型のワクチンは、妊婦など重症化の恐れが高い人への優先接種を検討している。年内に確保できるのは最大1700万人分で不足の恐れがある。このため、リスクの高い人に確実に接種するには国による管理が必要と判断した。一括購入の財源や、接種時に国民が負担するかどうかは今後詰める。

 毎年流行する季節性インフルエンザのワクチンは、医療機関が購入している。

インフルエンザワクチン” に対して1件のコメントがあります。

  1. れもん より:

    安全性がどの程度なのか、心配だという声を聞きます。
    新型インフルエンザもよく分かっていないのに、即席ワクチンみたいな感じで怖いと・・・・。
    なんとなく、分かる気がします・・・。
    医療従事者は特に、感染確率は高いと思われるので、医療従事者を優先的に・・・。という考えも多いようですが、難しいところですよね?
    発熱外来も、相談窓口も活用されず、「新型インフルではないですか?」と、フツーに外来にいらっしゃる方が多いようです。
    道端歩いていても、スーパーに行っても、マスクしてる人は見かけません。ただでさえ暑いのに、マスクするともっと暑いですし・・・
    少しの間、インフルエンザに対して、マスコミも騒がなくなりました。あの時から、気持ち的に緩んできたような感じが致します。感染対策しなくては!!!

  2. サンダーバード77号 より:

    我が家にも今秋出産の妊婦がいます。

    先日妊婦がインフルエンザに罹った場合の対応や見解など、日本産婦人科学会がだされていましたが、
    ワクチンのことも含め今後の動向が非常に気になります。

    とにかく基本・・・、
    うがいと手洗いで地道に感染対策しています。

  3. dr_mimimi より:

     れもんさん、サンダーバード77号さん、ありがとうございます。

     どんな物であっても、薬はリスクを伴いますね。やはり使わなくても良いように、普段から健康に心がけるのが一番ですね。

     今朝は喉が痛いです。風邪?インフル?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です