ジェネリック

 Generic Drug は成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品の事です。

 先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ品」「ゾロ薬」等と呼ばれていましたが、商品名ではなく有効成分名を示す一般名generic nameで処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになったようです。

 

 新薬(先発医薬品)の開発には巨額の費用と膨大な時間を必要とするために、開発企業は新薬の構造やその製造方法などについて特許権を取得し、自社が新規に開発した医薬品を製造販売することによって資本の回収を図り、得た利益を新たな新薬の開発費用として投資する。

 特許権の存続期間は、原則として特許出願日から20年の経過をもって終了。

 

 日本でも医療費抑制のため厚生労働省主導でジェネリック医薬品(後発品)の普及が進められています。

 2008年4月より処方箋の書式が変更になり「病気に対して処方できるジェネリック医薬品がない」「患者が新薬を望んでいる」など特別な事情がない限りジェネリック薬が処方されるようになっています。

 全国健康保険協会から「ジェネリック医薬品希望カード」が郵送されています。

bbe502

 ジェネリック医薬品の希望を医師や薬剤師に伝えやすくするための工夫でしょう。

 医師国保の私にはまだ送られて来ませんが(^^)/

 

ジェネリック” に対して1件のコメントがあります。

  1. 渥美格之進 より:

    カード、初めて見ました。
    私のとこには、今のところ、届いてません。

  2. pudding より:

    渥美格之進さん
    コメントありがとうございます。
    お年寄りは薬の割引券だと思い込んで持ってきます(^^)
    このカード、、、
    AHAのカードよりしっかりしている事が歯がゆいです。。。

  3. 渥美格之進 より:

    薬の割引券・・・ウケました。
    昨夜、夢でペアーズのカードをハワイでもらった夢が出てきました。なんと名前が手書きでした。
    夢にまでAHAが・・・。

  4. pudding より:

    渥美格之進さん
    PEARSのカードの名前もちゃんとタイピングですよ・・・
    >夢にまでAHAが・・・
    私もよくみますよ〜
    スタッフや受講生となにかを相談していたり、、、
    なんだか分かりませんがゴソゴソと用意していたり、、、
    病気でしょうか?
    あっ!mimimi病ですよ(^^)/

  5. 渥美格之進 より:

    特効薬は、ないですかね?^^
    私の枕元には、AEDのカタログが置いてあります。

  6. pudding より:

    渥美格之進さん
    ライフワークがあるのは人生いきていく中で大事だと思います。
    生き甲斐が必要です。
    これからも楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です