消火器事故〜続報

 以前、使用期限切れの古い消火器が破裂して、子供が受傷したという記事を紹介しました。

https://bls-acls-pals-fa-fukui.jp/?p=3009

 

 その続報がありました。この10年間で12件の事故があり、うち2名が死亡していたそうです。

 

 日本消火器工業会によると一般的な消火器の耐用年数は8年。期限切れの消火器を処分するには1500円かかり、回収率は5割。

 ここからが重要です。来年1月から回収コストをあらかじめ購入代金に上乗せし、全国の販売店で回収する方針だそうです。素晴らしい!!パソコンのリサイクル料金みたいなものですね。でも最大の進歩は「全国の販売店で。。。」というところ。今までは回収業者や特殊な業者などが中心となって回収していたので、「古い消火器を何処へ持っていけばよいのか分からない。めんどくさい。」という弊害がありました。販売店で回収してくれるのなら、買い換えの時に持参するだけなので、楽ですね。

 

 来年の1月からということですが、その動きが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です