セイタカアワダチソウ

 アレルギーや花粉症の話が出ましたので・・・

 

 セイタカアワダチソウ、、、ってご存知ですか?

 秋口、私のくしゃみを引き起こすいやぁ〜な植物です。

 黄色い花粉が三角形で、槍みたいな背の高い、、、あれです。

 

 セイタカアワダチソウは北アメリカ原産の帰化植物で、急速に広がったのは第二次世界大戦後。

 蜜源植物として優秀なため、養蜂業者が積極的に種子を散布したようです。

 多年生草本で、地下部からアレロパシー物質を分泌し、種子発芽を抑制。

 (アレロパシーとは、根から周囲の植物の成長を抑制する化学物質です)

 そのために純群落を形成して繁茂することになりやすいんですって!

 空き地や放棄畑などに繁茂して大群落を形成すること、

 花粉アレルギーの元凶であるなどの濡れ衣を着せられています・・・

 えっ!アレルギーの元ではないの?

 じゃ〜くしゃみの原因は?

 

 同時期に増えたブタクサが原因だったようです、、、

 セイタカアワダチソウは花粉をミツバチなどの昆虫によって媒介させる植物。

 花粉を風に乗せてばらまく植物(風媒花)ではないようです。

 ごめん、、、いままであなたのせいにしてきました。。。

 っと言う事は、私はブタクサのアレルギーです(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です