癒着性肩関節周囲炎(五十肩) Shockwave治療

 大小の外傷がきっかけで肩の拘縮をきたし、誘因のない肩関節可動域制限と疼痛があります。徐々に発症し、痛みは寒冷時、夜間に強く、前腕/手/頸部に放散する痛みがあります。肩関節の動きはあらゆる方向に制限されますが、特に結髪動作や結帯運動が困難になります。肩関節可動域制限は自動運動のみならず他動的にも制限されている事が特徴です。周囲の筋肉は廃用性萎縮に陥りやすく早期の治療が重要と考えます。
 治療は消炎鎮痛剤とともに温熱療法、運動療法です。それでも症状が取れない場合は局所麻酔剤の関節内注入による関節包拡張方法(joint distention)があります。
 頸部から上腕にかけてShockwaveをかけました。施行中の痛みは一切なく、施行前10あった痛みが施行後0に改善されました。今日はゴルフに行っていると思います、、、スコアーはいかに?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です