平成30年かかりつけ医認知症実践研修会

 天気のいい日曜日、まして午後13:30からとういう中途半端な時間に福井県医師会館にて開催された研修会に参加してきました。
 BPDSの講義、認知症患者さまの家族とのワールドカフェ方式のグループワークでした。 
 テンションが低い状態で望んだのですが、、、勉強になりました!
 私のグループのご家族は若年性認知症と診断された奥さんを持つ男性でした。カミングアウトできないもどかしさ、地域社会との関わりが不透明、医療従事者との目線の違い、衝撃を受けました。
 当初うつ病かと思っていたのが若年性認知症だった、どんどん衰えていくのを受け止められない心境だったそうです。親友の病気を機にカミングアウトでき、なんと気が少し楽になったと、、、涙が出ました。今年の豪雪では地域の人達に伝え、いろいろ参加できない事によるトラブルも避けられたようです。
 認知症→→→介護保険申請→→→サービス利用、世の中こんな単純ではないんですね、、、反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です