セーバー病(Sever disease) Shockwave治療

 10歳前後の学童期に明らかな誘因はなく、踵骨結節部(かかと)に痛みが出現する骨端症です。
 発育期の弱い骨端部に運動などで負担がかかり、そこに繰り返されるアキレス腱の牽引力が加わることで踵骨に血流障害が起こり、軟骨や骨に生じた炎症です。
 治療はスポーツを控えさせ、局所を安静にし、ヒールを高めた足底挿板を装着する事や松葉杖を使用するなどです。予後は良好ですが時間がかかり数ヶ月スポーツに参加できないといった問題点がありました。

 現在、まだ3児のみですが、Shockwaveをかけました。施行中の痛みは部分的にありますが、みんな我慢してくれました。T君は一年間運動ができずに来院、施行前10あった痛みが0に改善、運動後のみ1になる時があるようです。M君は来院時、つま先立ち歩行しかできないぐらいひどい状態でしたが、施行前10あった痛みが0に改善、スポーツに完全復帰しています。今日、I君は2回目のShockwave予定で来院してくれましたが、痛みが全くない状態になっていました。今週末、S君がShockwaveに来る予定です。
 4人とも小学5年生、サッカー少年!これって偶然?小学5年生がKeyPointなのかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です