PALS 思考回路形成手順

PALS は DVD を見ながら進めていきます。

初期評価→ポーズ・ディスカッション→一次評価→ポーズ・ディスカッション→二次評価をしていきます。

 

 まず DVD を見てもらい、ポーズで初期評価をみなさんにしてもらいます。

    外観はどうでしたか?

    呼吸仕事量が増えていましたか?

    循環・皮膚色についてどうでしたか?

以上を評価してもらい、考えられる状態を分類し、今のところ、危険か?まだ大丈夫か?判断してもらいます。

まだ大丈夫だと判断したならば、一次評価にすすみます。

 

 次を DVD で見てもらい、ポーズで一次評価 (ABCDE) をみなさんにしてもらいます。

    A: 気道は開通していましたか?

    B: 呼吸の異常はありませんでしたか?

    C: 循環・皮膚色で気付いた事はありませんか?

    D: 神経学的評価は正常でしたか?

    E: 全身観察として発熱や発疹はありましたか?

以上を評価してもらい、考えられる状態を分類し、この段階では、危険か?まだ大丈夫か?判断してもらいます。

まだ大丈夫だと判断したならば、二次評価にすすみます。

 

次を DVD で見てもらい、ポーズで二次評価 (SAMPLE) としてみなさんから質問していただき、情報を提供します。

    S: 自他覚症状は・・・3日前から嘔吐・下痢がありました。

    A: アレルギーは・・・ありません。

    M: 薬物は・・・飲んでいません。

    P: 既往歴は・・・特に病気一つした事がありません。

    L: 最後に摂取した食事は・・・昨日の夜、少しだけミルクを飲みました。

    E: 受診理由は・・・ぐったりしていたから・・・

などなどお伝えしていきます。

 

これを 1 症例ずつ、順序よく行ないながら、

Assess (評価)→Categorize (分類)→Decide (判断)→Act(行動)を繰り返す思考回路を作って頂きます。

なにか変だったら Act をいつでも行ない、Act したら Reassess (再評価)を行ないます。

もちろん危険だと思ったら応援や Dr を呼ばなくてはいけません。

これらのステップを 2 症例分行なったら、シュミレーターでその 2 症例を実践してもらいます。

Cardiac 4 cases、Respiratory 4 cases、Shock 4 cases 全て行なってもらいます。

行ったり来たり 6 往復ですね…

さらにまとめとして Putting It All Together で総合的に経験します。

 

あはははは・・・書いただけでも大変だったのに・・・こりゃ大変だぁ〜〜〜

PALS 思考回路形成手順” に対して1件のコメントがあります。

  1. chujou より:

    お疲れ様で〜す!!
    思考回路手順のご指南を感謝します。
    早速プリントしました。
    目下、デタラメナ行動の私ですが、
    やる気だけは、継続中です。
    中高年でリスクは半端でない高さですが‥(汗)
    手順書を参照に、思考回路を形成します。(笑)
    FA楽しかったで〜す。

  2. pudding より:

    chujouさん
    コメントありがとうございます。
    プリントアウトしていただくほどの内容じゃなくて、
    かえって申し訳なく感じます。
    すみません。
    また考えて書きます(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です