PALS 薬剤投与

 PALS まであと 3 日、薬剤投与について覚えちゃいましょう!

 ほんのちょっとしかありませんが、ACLS と間違いやすいので比較しておきます。

 

 小児患者への薬剤投与は、出生時から思春期までの間に体の大きさ、生体機能、一般健康状態が変化していくため注意が必要です。

 薬剤投与量を判断する際には体重で計算します。

 年齢から割り出す大体の体重は、コース内で伝授します(^^)…

 分からない場合は蘇生テープ( Broselow テープ)を使用します。

 

 主な薬剤として、、、

                              ACLS                                  PALS

    アドレナリン                       1 mg                                 0.01 mg / kg

    アトロピン                         1 mg                                 0.02 mg / kg

    リドカイン                        1.5 mg / kg                              1 mg / kg

    アデノシン                         6 mg                                  0.1 mg / kg

    アミオダロン                    300 mg                                   5 mg / kg

    アミオダロン                    150 mg                                    5 mg / kg

 これだけは絶対使用しますので、覚えてしまったほうが楽だと思います。

 

 投与後の管理も重要です。

    モニターは投与前に開始し記録しておく事。

    少なくとも 10 分毎にチェックする事。

 

 ボーラス投与とは 20 ml / kg の等張晶質液を 5〜20 分かけて投与する事。

    (心原性ショックの時は 5〜10 ml / kg)

 薬剤の後押しは 5 cc (成人は 20 cc)で行ないます。

 

 頭の中、容量オーバーだと思います・・・がんばってください。

PALS 薬剤投与” に対して1件のコメントがあります。

  1. chujou より:

    pudding先生のブログは良いねぇ!
    再びプリントしちゃいま〜す。
    PALSに受講できないのに、ついその気になって‥。
    「おもな薬剤」も「量」も覚えきれませんが‥
    楽しくなって、気持だけ参加状態です。
    修業を積んで、次に備えます。
    受講する皆さん、ファイトです!!

  2. pudding より:

    chujouさん
    コメントありがとうございます。
    主な薬剤は覚えておくと便利です。
    体重の目安はコース中にお伝えしますから、
    薬剤投与量が年齢からすーっと計算できます。
    楽しくなっちゃいますよ・・・
    気持ちで参加!、ありがとうございます。
    是非、次回は参加してください。
    chujouさんの思考回路を形成したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です