プール開きの前に

プール開きを前に、各地で心肺蘇生法講習会が開かれていることと思います。

地元の小学校でも、毎年この時期に講習会が行われています。

 

さて、この時期になると増えるのが「水いぼがあるので、プール前に治療を・・・」

と来院する子供たちです。

水いぼ、正式名称は伝染性軟属腫といいウイルス性のイボの一種で、

子供に多く見られます。

数個ならいいのですが、数え切れないくらいもあることも・・・

時間はかかるけれど放置しても自然に治癒すること。

水を介してはうつらないことなどをお話しし、治療方針を決めます。

積極的に治療せずに、自然経過をみる。

漢方薬を飲んで、治癒を助ける。

できているいぼを取る。

いろんな選択肢がありますが、積極的に治療しましょう、ということになると、

ピンセットでつまんでイボの中身をとるのが主な治療です。

ピンセットで皮膚をつまんでとる。。。ご想像通り、めっちゃ痛いです。

当然、子供は嫌がり、暴れ、お互い汗だくに・・・

できればしたくない治療ですが、皮膚の状態を見、親御さんの希望も加味し、行っています。

塗るだけで治る薬があればよいのに、、、と思いながらの治療が今年もそろそろ本番です。

プール開きの前に” に対して1件のコメントがあります。

  1. chujou より:

    お邪魔します。
    水いぼについてですが‥
    私の看護経験からも自然経過を見るのに同感です!!
    処置を受けた小児の姿が可哀そうで、何年たっても思い出します。
    身体のいたる所から血を流し、泣き続けてました(涙)

  2. chaka より:

    chujouさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね、私も気長に自然経過をみることをまずお勧めしています。
    自分もできて取ったことがありますが、部位によってはつまむのを躊躇する痛さでした。
    子供が必死に抵抗するのもうなづけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です