救急服のデザイン募集!!!

uedamanです。

何度か発信がありましたようにこのFISHのスタッフブログは何人かのスタッフで掲載されています。

私が書く場合には必ず1行目に uedamanです というご案内を入れますのでご注意?くださいね。
この問題のステテコ騒動が気になる方は過去記事を探してみてください。(本当はAEDのお話なんですよ)
なお、ステテコ騒動はAMR-Japanブログにまで影響が及んでしまった恐ろし・・・いお話です。

 

さて何度かご案内をしている「第18回全国救急隊員シンポジウム」ですが開催は来月にせまり
準備もあわただしくなってきています。
先週木曜日に今回主催の金沢市消防局担当課の方々と打合せをする機会がありました。
その中でお話が出たので「救急マニア」が集うこのFISHでもご案内というよりお願いをしてみます。

それは・・・救急服のデザインコンテストです。

 85_syota1

86_syota1

88_syota1 

Q1.現在の救急服は何年前から存在するでしょうか?

 

Q2.現在の救急服はだれがデザインしたものでしょうか?

 

消防関係の方はご存知のことかと思いますが今の救急服は昭和63年に三宅一生さんのデザインで
によるものです。なんと20年も続いています。ですので誰がみても「救急隊」「救急救命士」と認識できる
ますよね。当時の状況から救急隊の地位向上の願いを込めてつくられているそうです。

 

応募要領はここから→http://www.congre.co.jp/kyukyu_kanazawa/information/uniform.pdf

 

救急隊員の未来のためにぜひ応募してくださーい!
応募された作品はステテコ騒動ブログの発端となった全国的にも有名な金沢21世紀美術館で発表と審査があります。
当日のシンポジウムでシンポジウム参加者(救急救命士など)から投票してもらえます。
上位10作品には記念品も出ます。

FISHファンならではの救命の熱い想いをデザインしてください!!!

第18回全国救急隊員シンポジウムのテーマは 『ハート to ハート 救命の熱き想いを 今、そして未来へ』 です。

救急服のデザイン募集!!!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 渥美格之進 より:

     今の救急服ができる前は、白衣を上だけ着てましたね。

  2. doll player より:

     救急ステテコのデザインはありませんか?(冗談です。ごめんなさい)

     20年も続いているって、すごいですね。ビックリしました。

  3. uedaman より:

    渥美格之進さん
    コメントどうも有難うございます。いろんなことにお詳しいんですね。
    ということで・・・渥美格之進さんはデザインコンテストに応募ねがいます。
    uedamanのノルマ1つ達成です。

  4. uedaman より:

    doll playerさん
    ステテココンテスト。。。デザインでしょうか?
    それともファッションショー???
    これ以上やるとpudding先生に叱られますので
    やめときます(ー_ー)!!

    そうなんです。平成生まれの子たちとおんなじです。
    他のレスキューなど含めて防火服は進化しデザインも変更されましたが救急服はそのまま・・・なんですよ。

  5. れもん より:

    20年前の記憶がない私(ちなみに、薬包紙の包み方も知りません!)。
    そういえば、まじまじと救急隊さん方のお召物を観察した事がありません・・・。
    青い姿が印象的・・・。
    古いから新しく・・・。
    なのでしょうか?不都合や、改善点の提案などあるのでしょうか?
    これは、使う方々の意見が多く寄せられて作られるべきだと感じます。
    私達が来ている白衣についても、そう思います・・・。
    ん????もしかして、思う事は同じなのかしら・・・?というか、あまり変わらない…???
    絵が描けないからなぁ・・・・(涙)
    楽しみです!

  6. uedaman より:

    れもんさん

    薬包紙。。。すごいことを思い出させていただきました。
    懐かしいですね。
    青い姿・・・感染防護衣のことですね。救急服の上に着られています。
    耐刃ベストも着用することがありますね。
    れもんさんもぜひ、デザインコンテスト参加下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です